注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ママを困らせる子供の「なぜなぜ期」の乗り越え方

子育て

2019.07.05

子供が成長してくると、まず最初に迎えるのがイヤイヤ期です。食べるのも着替えるのも何をするにもイヤイヤを発し、ママやパパの頭を悩ませてしまいます。

しばらく経つとイヤイヤ期も落ち着き、やっと普通の生活ができると思えば、今度は「なぜなぜ期」に突入します。

イヤイヤがなぜなぜに変わり、正直うんざりしてしまいますが、ここで子供に冷たく接してはいけません。そこで今回は、子供の「なぜなぜ期」について、いろいろな情報をご紹介します。

■「なぜなぜ期」とは

子供が2歳前後になると、何をしても「なんで?どうして?」を繰り返すようになります。これを「なぜなぜ期」と呼びますが、心理学的にはこれを「質問期」といいます。

「なぜなぜ期」は同じ質問を何度も繰り返すので、大人からすると対応に困ってしまうこともありますが、子供の成長過程で大事な時期でもあります。

人間は3歳から4歳頃に80パーセント、5歳から6歳頃に90パーセントほど脳が成長するといわれていますので、知識をたくさん吸い込める「なぜなぜ期」は子供の学習意欲を伸ばすことのできる、とても大切な時期といえます。

「なぜなぜ期」は子供によって期間が異なりますが、一般的には2歳から6歳前後まで続くとされています。

■「なぜなぜ期」は子供の好奇心を育てるチャンス

「なぜなぜ期」が起きると、何度も同じ質問をされてうんざりしてしまうこともあるでしょう。

子供の「なぜなぜ期」は好奇心旺盛なため、なんにでも疑問を抱き、そして答えを聞いてもすぐに忘れてしまいます。

しかし、何度も同じ質問をするということは、それだけ好奇心旺盛だということにもなりますので、適当にあしらわず、同じ答えだとしても、何度も回答してあげるようにしましょう。

また、子供の「なぜなぜ期」に親が真摯に向き合うことで、親子の信頼関係も同時に築けます。自分の質問に対して、毎回誠実に向き合ってくれていることを感じると、親への信頼感か深まったり、自己肯定をされている安心感を与えることもできます。

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【幼児】その他の記事

幼児
もっと見る