注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

10年たっても後悔の念に駆られます…先輩ママの「育児の懺悔」伝えます

子育て

2019.01.22

2019.08.30

先輩ママからのひとことアドバイス


後悔していることや、部分的に悩んでいることはあっても、今回お話を聞いたママのお子さんたちがそれぞれ素敵な中高生に育っていることもまた事実です。

 

そこで、「いま乳幼児を育てているママにひと言だけアドバイスするなら」…という質問に答えてもらいましたので、まとめて紹介しますね。

 

  • 気分で叱る・叱らないを決めず、「これだけは何があっても叱る」と決めておくと、早く子どもが覚えてくれるので、叱る機会が減ります

 

  • 甘いものは一度覚えたらもうやめられないので、できる限り、お芋など砂糖を使わないおやつで乗り切りましょう!ウチは苦労しました…。

 

  • 読み聞かせは、聞いていなくても毎晩1冊など決めて続けると、学校で勉強する時の集中力がつく気がします

 

  • 叱ってしまうことは多いと思いますが、一日の終わりは機嫌よく寝させてあげてほしいです。言葉で「大好き」といえるのは小さいうちだけ…という家庭も多いので、寝る前にはぜひ言ってあげて下さい。

まとめ


2019年1月の初場所中に横綱・稀勢の里が引退を発表した時、貴乃花元親方が贈ったメッセージの中に、「後悔のない人生などない」という、言葉がありました。

 

わが子が大切だからこそ、みんな「後悔するような接し方や育て方をするべきではない」と思ってしまい、できなかったときに自分を責めてしまいがち。 

でも、「後悔したらダメ!」なのではなく、どんないいママに見えても、誰もがきっと小さな後悔を抱えつつ、それでも精いっぱい子どもを愛して育てているのではないでしょうか。

 

先輩ママの実感のこもった体験談とともに、心に刻んでおきたいですね。

 

文/高谷みえこ

4 / 4 ページ

あなたにオススメの記事