コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

リアル過ぎ…!先輩ママの初めての出産体験談

出産

2019.01.31

2020.03.21

40-1

出産が間近に迫って来ると、出産の体験談がますます気になって来るものです。陣痛が比較的軽かった人もいれば、とても大変だった人もいます。

 

出来れば自分は軽く済んで欲しいと思いつつも、大変だったらどうしよう……という不安も沸いて来るものではないでしょうか?

 

そこで、先輩ママに初めての出産について色々と聞いてみることにしましょう。

旦那さんの立会い出産

まずは、出産に旦那さんに立ち会ってもらうかどうか迷っている人のために、実際に立ち会ってもらったママの体験談をご紹介したいと思います。

 

現在、出産に旦那さんが立ち会っている割合は約5割と言われています。立ち合い出産には様々なメリットがあります。

 

出産に1人で臨むことを心細いと思っている人にとって、旦那さんが出産に立ち会ってくれるのは、とても心強い味方になってくれて、それだけでリラックス度がかなりアップしたそうです。

 

痛みが増していくときに、旦那さんに背中をさすってもらったりすることで夫婦の絆も深まるようです。辛い時にそばにいてくれる存在が、旦那さんであれば嬉しいものです。

 

痛みのために、旦那さんに暴言を吐いてしまったというエピソードもありますが、そんな暴言を吐くことが出来るのも相手が旦那さんだからこそのことです。

 

もし、出産の現場にいるのが医師や助産士さんだけだったら、暴言を吐くことは出来そうにありません。

 

出産後、旦那さんから「僕の子どもを産んでくれてありがとう」のメッセージが届いて、とても嬉しかったそうです。

無痛分娩はどんな感じ?

40-2

次に、痛みに弱い方で無痛分娩を考えている方もいるのではないでしょうか?初めての出産で無痛分娩を選んだ方の体験談を聞いてみることにしましょう。

 

無痛分娩とは言っても、全く痛みがなくなってしまう訳ではなく、痛みや陣痛を感じることが出来る状態、つまり、出産に伴う痛みを和らげる方法なのだそうです。

 

全く陣痛を感じることが出来なくなってしまうと、陣痛の波に合わせていきむことが出来なくなってしまい、その結果として出産が長引いて難産になってしまうそうです。

 

無痛分娩の場合、麻酔を行なうタイミングが重要で、子宮口が3cm位開いてから全開になるまでの間に行なう必要があります。

 

無痛分娩の体験について語ってくれた先輩ママは、子宮口が6cmまで開いたときに、麻酔を行なったそうです。そのため、激しい陣痛の痛みを経験することなく、麻酔を行なった後で、出産を前にして軽く睡眠を取ることも出来たそうです。
また、いきむ段階になっても、我慢出来る痛みだったので、医師のアドバイスを冷静に聞くことが出来て、精神的に余裕を持って出産することが出来たそうです。

 

また、無痛分娩は産後の回復が早いと言われていますが、産後1週間ほどで軽いウォーキングが出来る位にまで体力が回復したそうです。

 

関連記事:無痛分娩・自然分娩・和痛分娩の違い、10の比較

 

帝王切開での出産

今では、日本人の5人に1人が帝王切開で生まれて来ていると言われていますが、日本では帝王切開はスッカリポピュラーな出産になっています。

 

帝王切開には、緊急帝王切開と予定帝王切開の2種類がありますが、今回は、予定帝王切開を体験した方の体験談を聞いてみることにしましょう。

 

予定帝王切開を行なうことになったのは、逆子だったためだそうです。予定帝王切開は、出産日を選ぶことが出来たので、旦那さんの立会いも行ないやすいというメリットがあります。

 

また、帝王切開は手術であるため保険が効きますので、その点もメリットと言えるでしょう。

 

ただ、帝王切開には術後の痛みが伴ってかなり辛かったようです。子宮の大きさを戻すために看護師が30分おきにお腹を強く押さえられるのは相当な痛みで、悲鳴を上げていたそうです。出産2日目からは、リハビリもかねてトイレは自分で行かなければならなくて、かなり大変だったそうです。

 

術後の経過は人によって違って来ますが、帝王切開の場合は様子をみながら歩行トレーニングやマッサージなどが行なわれます。

 

気になる会陰切開の痛みは?

これから出産を迎える方で会陰切開について不安になっている方は多いのではないでしょうか?

 

先輩ママの体験を聞いてみると、会陰切開のときには麻酔を行なうので必要以上に心配する必要はないようです。会陰を切開した後に傷を縫い合わせる時にも麻酔を行なってくれるそうです。傷を縫い合わせるのは、傷の治りを早めるためと細菌による感染を防ぐというふたつの意味があります。

 

もちろん、会陰切開を行なわなくても、赤ちゃんが生まれてくるケースもありますので、分娩を行なうと必ず会陰切開が行なわれるということではありません。

 

最近は、自然に溶けてなくなってしまう糸を使っている病院もあるようです。抜糸を行ないたくないと思っている方は、かかりつけの医師を決める前に、相談しておくと良いかもしれません。

 

先輩ママの初めての出産の体験談をいくつかご紹介して来ましたが、出産を間近に控えたプレママ達の不安を多少なりとも解消するのに、役立つのではないでしょうか?

 

また、旦那さんの出産の立会いについては、お二人でよく話し合った上で決められることをおススメします。メリットも多い反面、途中で退場してしまう方もいらっしゃるようですので、無理強いは禁物です。

あなたにオススメの記事

出産テーマ : 【産前・産後】その他の記事

産前・産後
もっと見る