コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

妊娠中にできた「肌のシミ」が産後にも…いつになったら消えるの?!

出産

2020.06.14

約10か月のマタニティー生活、ママの身体は様々なトラブルが生じやすいものです。そんなトラブルの中で、とくに産後のママたちを悩ませるのが「シミ」。産後もそばかすのようなシミが残ることも多く、「人前に出たくない!」と思い悩むママも少なくないでしょう。「産後のシミ」への対処法を詳しく解説します。

 

iStock.com/liza5450

 

妊娠中にシミができやすいのはなぜ?


 

妊娠中は顔のシミだけでなく、乳首など全身の様々な部位の「黒ずみ」が目立ちやすくなります。なぜ妊娠中は、しみや黒ずみができやすいのでしょうか?

女性ホルモンは「エストロゲン」と「プロゲステロン」の二種類。妊娠すると、この2つの女性ホルモンは急激に分泌量が増加します。

このうちのプロゲステロンが増加すると「メラノサイト」と呼ばれる、メラニン色素をつくる細胞が刺激されます。この働きによって、妊娠中はシミができやすくなるのです。

特に、両方の頬に左右対称に広がる薄い茶色の「肝斑」は、女性ホルモンバランスの変化が大きな原因となるため、妊娠中にできやすいとされています。

 

>>NEXT ターンオーバーの乱れも原因に

1 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

出産テーマ : 【産前・産後】その他の記事

産前・産後
もっと見る