コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

シリーズ連載【子どもの睡眠④】 「寝つかない原因はコレ⁈」知らずにやってるNG集

出産

2018.08.02

2020.12.02

夜中に何回も起きて親子とも寝不足、その原因は?

sleep_0802_4

赤ちゃんは3か月ぐらいで昼夜のリズムがついてきて、6か月をすぎると、ある程度予測できるスケジュールが確立してきます。6か月ぐらいで8時間続けて寝てくれるようになる子もいます。
「個人差もありますが、小児科医が『もう夜中に栄養補給は必要ない』と判断すれば、夜間の授乳がなくなるので、8時間ぐらい寝続けることができる子もでてきます」。
たしかに、理屈ではそうかもしれません。ところが現実はほど遠い! 親子で8時間ぐっすり寝られたら夢のようですが、実際は夜中におっぱいをせがまれたり、泣かれたり…。
「夜中に赤ちゃんが何度も起きて、そのたびに授乳しなければならないのはつらいですよね。でも、じつはその原因のひとつとして考えられるのが『添い乳』なんです」

2 / 5 ページ
あなたにオススメの記事

出産テーマ : 【新生児】その他の記事

新生児
もっと見る