コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

妊娠中にしっかりとっておきたい栄養素、再確認

出産

2019.01.05

★葉酸を多く含む食材とオススメレシピ

葉酸を多く含む食材は、以下のとおりです。

・枝豆
・モロヘイヤ
・ブロッコリー

葉酸は水溶性のビタミンで、水に溶けやすく、また熱にも弱いという特徴があります。このため、調理法に工夫して摂取する必要があります。

枝豆は手軽に摂取しやすい食材の一つで、さやごと茹でれば葉酸が失われにくいという特徴もあります。ちょっとしたおやつに、枝豆を取り入れるのもオススメです。

 

■鉄分

妊婦さんに不足しがちな栄養素の一つが、鉄分です。鉄分は、体内で赤血球の成分である「ヘモグロビン」を作り出します。このヘモグロビンが不足すれば、血液にも影響が出てしまいます。そうなると、赤ちゃんに届けられるはずの酸素や栄養も、届けにくくなってしまうというわけですね。

鉄分の必要量は、妊娠初期には1日9mg、中期以降は1日21mgだと言われています。普段の生活以上に鉄分摂取を求められますから、葉酸と同様に積極的に摂取したいところです。

ただし鉄分は、鉄分単体で摂取しても、体内への吸収率はアップしないという特徴があります。ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、葉酸などを一緒に摂取することで吸収率が高まり、効率が良くなりますから、こちらについても意識してみてください。

 

■カルシウム

妊娠中には、赤ちゃんを丈夫に育てるために、多くのカルシウムが必要とされます。必要量が満たされないときには、ママの骨を溶かして必要量を補うケースもありますから、注意しましょう。

残念ながらカルシウムも、日本人の食生活において不足しやすい栄養素の一つです。妊娠中には意識的に摂取することが大切です。

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

出産テーマ : 【妊娠中】その他の記事

妊娠中
もっと見る