コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

吉木りささん「ケチった結果がこれです…」と語る妊婦ならではの失敗談

出産

2019.11.09

2020.07.12

タレントの吉木りささんが今年10月にブログを更新。臨月を迎えた吉木さんは、“妊娠線”にまつわるトホホなエピソードを紹介していました。妊娠中に気をつけたい“あるある”が話題になっています。

気を抜いていたら“太もも”妊娠線が!


吉木さんは10月27日に第1子出産を報告。ブログは同月16日の出産間際のタイミングで投稿されたものでした。吉木さんは妊娠してからもボディケアに気を遣い、妊娠線を予防するために毎日ボディクリームを塗っていたそう。しかしブログでは、

 

妊娠線用のクリームやオイルって量が少ない割に高級なんですよね…

 

と妊娠線予防用アイテムの割高感に困っていたと告白しています。

そこで吉木さんは「お腹、胸周りなど大切な場所は高級なオイル」「腕や足は安いクリーム」など、場所によって使い分けて節約することに。ところが臨月間近、いつものようにボディクリームを塗っていた吉木さんは“太もも”に妊娠線ができているのを発見しました。

「今年1番ビックリしました」という吉木さんは、イラストで太ももに妊娠線ができたショックを表現。ケアしていたにもかかわらず妊娠線が出てしまい、

 

そういえば脇の下やお尻、太ももにも妊娠線は出来るから、ちゃんとクリーム塗ったほうがいいよと友達からアドバイスを受けていました…!!
しかしどうしても高級な妊娠線オイルをそんなベッタベタ体中につけるわけには… と思いケチった結果がこれです…!!

 

などと悔やんでいることを明かしていました。

 

“あるある”エピソードに共感の声多数


友達からのアドバイスを活かせず、裏目に出てしまった節約ボディケア。しかし得られた教訓もあるようで、

 

逆に言うとお腹周りは全くできていないので、妊娠線オイルやクリームって本当に効果があるんだなと実証されました

 

とケア用アイテムの実力はしっかり確認できたよう。

 

吉木さんのエピソードを読んだ人からは、「わかる…。まったく同じことをやってしまった」「妊娠線ケア専用クリームは高いからね。とにかく保湿してもできちゃう人はできちゃうから、気にしなくて大丈夫」「お腹だけじゃなくて、太ももまで割れるんですか!? 私もケチって同じことしてたから、これからは改めよう…」「節約しても結局妊娠線ができちゃったら意味がないし、覚悟を決めて高いヤツに挑戦するか!」といった声が続出。

 

高価なケアアイテムをたっぷり使うのは、ちょっと贅沢すぎる気がしますよね。しかしケチって後悔するよりは、思い切って対策する方が出産後のケアも楽になりそうです。

 

ケアを怠っているといつの間にか…


歌手のhitomiさんも妊娠していた時期に、ブログで妊娠線について綴っていました。hitomiさんは妊娠線を知らなかったらしく、周囲の人から気をつけるようにアドバイスされたことで初めて知ったそう。そして妊娠後期である7カ月目に、

 

こんなもんだろう… と、妊娠前のようにうっすら適当にクリーム伸ばしていたら(かなり貧乏性、、、)、 なにやら、妊娠線らしきものがっ、ひょっえっー! 慌てて、タップリ塗りはじめた私でありました。

 

と妊娠線を発見した時の驚きを語っていました。「妊婦になってから知ったことがたくさんあった」というhitomiさん。妊娠線対策はうっかりしていましたが、妊娠後期に入ったことで

 

体重も増えてきて、気にかける時期に入ったみたいネ。階段登ったり、腰痛防止にストレッチやスクワットを、こころがけてます。

 

などと体調管理には気をつけていると明かしていました。健康管理と合わせて産後のケアが楽になるように、できることをしておきたいですね。

 

文/長谷部ひとみ

参照/吉木日和「妊娠線…」 https://ameblo.jp/yoshiki-risa/entry-12536084450.html

hitomi official blog「知っとりますか?」 https://ameblo.jp/ninpu-hitomi/entry-10141895985.html

KEYWORDS関連キーワード

あなたにオススメの記事

出産テーマ : 【妊娠中】その他の記事

妊娠中
もっと見る