コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

今ひそかに人気!布おむつ育児法って?

出産

2019.04.30

2020.03.30

55-1

現在は、赤ちゃんのおむつといえば紙おむつが主流ですよね。技術も日々進歩していて、とても使いやすい商品が多数販売されています。

 

実はそんな中、再び布おむつでの育児も人気を集めています。紙おむつと比べるとまた違う苦労や手間のかかる布おむつですが、メリットもいろいろあります。布おむつを使った育児のメリットやデメリット、どんな人に向いているのかなどをまとめました。

布おむつを使った育児のメリットとは

紙おむつのように汚れたらすぐに捨てて取り替えることのできない布おむつは、扱いに手間がかかることは確かです。紙おむつのような吸収力もないので、一度汚れたらすぐに取り替えなければならないという点でも面倒に感じる人も多いかも知れません。ですが、布おむつには布おむつならではのメリットもあるのです。

 

布おむつを使った育児のメリットは、なんといっても赤ちゃんの排泄のタイミングに対し親が適切に反応できるということです。

 

紙おむつの場合、吸収力があることから猶予があり、少しばかり後回しにしても大丈夫という余裕があります。一方布おむつは汚れたらすぐ取り替え、汚れたものは洗濯しなければいけないので、赤ちゃんがおしっこやうんちをするごとに替えなければいけません。

 

排泄のたびおむつのケアが必要になることは手間や時間が取られるというデメリットにもなりますが、その分赤ちゃんとのコミュニケーションがしっかり取れる、というメリットでもあります。

 

おむつが濡れると赤ちゃんは不快感を感じるため、嫌そうな表情を浮かべたり泣いたりしてママやパパに排泄したことを教えてくれます。そのサインに敏感になれるという意味でも、布おむつ育児赤かちゃんとの心の距離をぐっと近づけてくれるものなのです。

 

コミュニケーションが取りやすいというだけではなく、健康状態をこまめにチェックできるのも布おむつの良さです。おむつを取り替える頻度が高いので、その都度排泄物の状態をチェックでき、わずかな体調変化も見逃さずにいられます。

 

おむつを新しいものに取り替えたときの心地よさそうなあかちゃんの表情も、布おむつだからこそよりうれしく感じられるものです。現在は紙おむつもかなり進歩していて肌触りが良いものがたくさんありますが、やはり清潔な布おむつの心地よさは特別。

 

洗濯などの手間がかかることを差し引いた上でも、「赤ちゃんには常に心地よいものを身につけていてほしい」という思いから布おむつでの育児を選ぶママも多いようです。

 

繰り返し使える布おむつは、良いものを選んでも紙おむつと比べずっと経済的であるというメリットもあります。1枚あたりの価格はもちろん紙おむつよりずっと高いですが、おむつが外れるまでにかかるコストは、布おむつの方がずっと低いのです。常に布おむつで過ごすのはハードルが高くても、普段は紙おむつで過ごして余裕のあるときだけ布おむつへ切り替える、という育児にするだけでも経済的なメリットは感じられるはずです。

 

その他、赤ちゃんの排泄リズムを把握できたり、かわいいおむつカバーを選ぶ楽しみがあったりと、布おむつ育児にはいろいろなメリットがあります。

 

55-2

紙おむつと比べたときの布おむつのデメリット

いろいろなメリットがある布おむつでの育児ですが、一方で紙おむつには敵わない部分もあります。

 

たとえば、外出時などは布おむつよりも紙おむつの方がずっと安心です。布おむつは汚れたらすぐ取り替えなければいけないのに比べ、紙おむつは一度おしっこやうんちをした後でもしばらくは猶予があります。

 

もちろんなるべく早く取り替えるべきという点は変わりませんが、出掛けていておむつを交換できる場所までもう少し時間がかかるときなども紙おむつなら安心です。汚れてしまってもすぐに捨てることができる点も外出時にはうれしいポイント。

 

家にいるときなら汚れたおむつをすぐに洗うことができますが、外にいる場合はそうはいきません。汚れものを抱えたまま歩くのも場合によっては周囲へ迷惑になることがあります。そう考えると、出掛ける際は紙おむつをつけて、替えの紙おむつもいくつか持って外へ出るのが良いですよね。実家へ帰るとき、旅行、また何らかの災害が起きたときなど、汚れた布おむつをすぐに洗えないシーンでは紙おむつのほうがずっと便利です。

 

布おむつは紙おむつと比べ吸収力がないので、漏れやすいこともデメリットのひとつです。赤ちゃんがあちこち動き回るようになった頃などは、ずれて漏れやすい布おむつよりも紙おむつの方が良いかもしれません。眠るときは布おむつ、遊ぶときは紙おむつと使い分けるのもいいですね。

布おむつと紙おむつ、どちらの良さも生かす育児も

案外そう思い込んでしまうママも多いのですが、紙おむつと決めたら常に紙おむつ、布おむつと決めたら常に布おむつを使わなければいけないということはありません。

 

どちらにもそれぞれの良さがあり、デメリットもあります。状況に応じて紙おむつと布おむつを使い分けることで、洗濯などの手間も必要以上にかからず、無理なく布おむつ育児ができるようになるのです。

 

布おむつを使った育児が気になるという方は、まずは一日家でゆっくり過ごせる日やお風呂上がりなど、無理せず赤ちゃんと過ごせる時間に布おむつを試してみてくださいね。

あなたにオススメの記事

出産テーマ : 【乳児】その他の記事

乳児
もっと見る