コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

液体ミルクがそのまま飲める!?紙パック用乳首に絶賛「感謝しかない」

出産

2019.12.19

2020.07.12

赤ちゃんの粉ミルクって、いちいち作るのが大変ですよね。特に出かける際は、哺乳びんや粉ミルクは荷物の中でもかさばります。ジェクス株式会社は、液体ミルクに装着する飲み口「チュチュ 紙パック用乳首」を開発。ネット上で話題にあがっていました。

紙パックでそのまま授乳できる飲み口!?

「チュチュ 紙パック用乳首」は、紙パックの液体ミルクを想定した飲み口。ジェクス株式会社の育児ブランド「チュチュ」が開発し、11月29日より全国のアカチャンホンポとネット通販「オムニ7」で先行販売されています。

 

紙パックの液体ミルクを使用するため、調乳や温度調整は不要。取りつけるだけで使えるので、授乳に時間がかかりません。さらに紙パックと一緒に用意しておけば、夜間も素早く飲ませることが可能です。使用後にいちいち洗っていた哺乳びんも、紙パックと飲み口さえあれば使わずに済みそう。洗い物も減らせて時短にもなります。

 

同商品は時短や荷物軽減のほかに、災害が起こった際も活躍。紙パック飲料と一緒に備蓄しておくことで、外出時も赤ちゃんに飲ませることができます。液体ミルク以外にも、アカチャンホンポオリジナル商品の「赤ちゃんのむぎ茶」や「赤ちゃんのりんご100」などにも装着可能です。

 

「チュチュ 紙パック用乳首」に絶賛の声が!

画期的な発明に、子育て中の人たちからは「ワンオペ育児もある中で、手間と不安が減らせるのは素晴らしい。親御さんたちも余裕をもって子どもと接することができそう」「目の前で起こっているイノベーションに感動する。商品の発表と開発に関わった人たちに感謝したい」と歓喜する声が。

 

他にも「常に災害が不安だから、手元にあると嬉しいですよね」「もしもの時に荷物が減るし、身軽で動きやすくなるのはありがたい」などの声も相次いでいます。

 

飲み口が装着できる「アイクレオ 赤ちゃんミルク」は、江崎グリコ株式会社が発売した日本初の授乳用液体ミルク。内容量125mlで、税別200円で販売されています。今年3月に発売された同商品ですが、すでに利用している人も多く「快適すぎてもう哺乳びんに戻れない!」「授乳の革命だよね」と絶賛の声があがっていました。

 

1番の購入理由は「災害時」に備えて?

江崎グリコ株式会社は今年4月にアンケートを実施。「アイクレオ 赤ちゃんミルク」を購入した、1歳未満の子どもがいる122名に対して調査しています。「購入時の目的」や「実際に使ったシーン」で1番多かったのは、「災害時などの緊急時」で80.3%。さらに「災害備蓄への安心感が増したか」との質問で、「とてもそう思う」「そう思う」と答えた人は97.6%に。災害時に不安を抱えている親は多いようです。

 

同商品は、災害時や緊急時以外でも役に立っていました。「外出時に授乳するとき」に便利だと答えた人は79.5%となり、「外出時の授乳に関する心配ごとが減った」という人も73.3%という結果になっています。さらに「育児を楽しめる心のゆとりが増えた」人は、「とてもそう思う」「そう思う」を合わせて45.0%。授乳用液体ミルクによって、育児へのストレスが減ったのかもしれませんね。

 

実際に使用してよかった点に関しては「調乳の手間が軽減できた」が76.3%、「使い方が簡単だった」が68.8%になりました。ほかには「常温保存ができてよかった」で83.8%、「軽くて持ち運びしやすかった」「紙パックがつぶせて捨てやすかった」が共に63.8%に。

 

授乳を楽にしてくれる授乳用液体ミルクと専用飲み口。これからは育児で欠かせない存在になるのかもしれませんね。

 

関連記事:お湯で溶く必要ナシ! 赤ちゃん用“液体ミルク”はママの救世主!?

 

文/河井奈津

参照/江崎グリコ株式会社「乳児用液体ミルクの購入者122名を対象に実施した調査を発表」https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000025126.html

あなたにオススメの記事

出産テーマ : 【乳児】その他の記事

乳児
もっと見る