注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「何を話せばいい?」話しかけのネタがない〝無言育児〟を脱出する方法

出産

2019.08.26

赤ちゃんにたくさん話しかけると脳の発達にいいと言われますが、それって意外と難しいこと。照れもあるしネタも尽きる、会話にならない相手に話す虚しさもある。だいたい、何を話したらいいのか…途方に暮れてしまいますよね。いわゆる〝無言育児〟から、ちょっとユニークな脱出をした先輩ママに、話を聞いてみました。

 



iStock.com/monzenmachi

12役で「とにかくしゃべる」こと(由美さん/30/飲食店)

3か月の赤ちゃんがいます。少しずつ生活にリズムがついてきて、育児にも余裕が出てくると気になってきたのが、日中の静けさです。まだヘラッと笑うか泣くことしかできず、話しかけても反応も乏しい時期。自分の寂しさを紛らわすためにも「会話形式」で育児すると意外と楽しいことを発見しました。

「オムツ替えようねー!」
「はーい、ママ! よろしくお願いしまーしゅ」

「スッキリしたー?」
「うん、お尻サラサラでしゅー!」
「それは、良かったわ! オムツ、ポーイッ!」

といったやりとりを、一人二役でしゃべっています。もう恥じらいもなくやっていますが、ヤバイ人ですかね(笑)。でも、赤ちゃんの反応が良くなったり私の笑顔も増えたりと、良いことづくしです。

育児中は「夫以外の人と一日じゅう会話しなかった」という日もあるので、とにかくしゃべることが大事だと思います。

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

出産テーマ : 【乳児】その他の記事

乳児
もっと見る