コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ペットの死は小児のメンタルヘルス問題に関連

子どもの健康

2020.10.05

ペットの死について親は子どもと率直に話すべき

今回の研究では、小児がペットを失ったときの最善の対処策については検討されていませんが、Dunn氏らは、まずは小児の感情に気づき、それを認めることだと述べています。

 

今回の研究には関与していない、米サザンメソジスト大学心理学部長のGeorge Holden氏は、親がペットの死について子どもたちと率直に話をすることを提案しています。

 

そして、「親はしばしば、子どもには伝えないでおく方がよいこともあると考える。だが、それは明らかに間違っている。ありのままの事実に向き合い、それについて子どもに話をし、子どもの意見を聞く方がはるかに良い」と主張します。

 

同氏はまた、ペットが老齢や病気である場合には、子どもに積極的に働きかけて、やがて訪れる別れに対して、心の準備をさせておくべきことも提案。

 

ペットの死は子どもの心に大きな傷を残すことが多いです。それでも、研究チームは、ペットを飼わない方が良いとは考えていません。Dunn氏は、「ペットを飼うことで得られるベネフィットを、さらなる研究により解明していくべきだ。そうした情報は、親がペットを飼うことの費用対効果を検討する際に役立つだろう」と述べています。(HealthDay News 2020年9月23日)

 

https://consumer.healthday.com/general-health-information-16/pets-and-health-news-531/kids-often-hit-hard-by-death-of-beloved-pet-study-finds-761328.html

 

Copyright © 2020 HealthDay. All rights reserved.

 

(参考情報)

Abstract/Full Text

https://link.springer.com/article/10.1007/s00787-020-01594-5

 

Press Release

https://www.massgeneral.org/news/press-release/Mass-general-study-finds-that-the-loss-of-a-pet-can-potentially-trigger-mental-health-issues-in-children

 

2 / 2 ページ
あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【悩み】その他の記事

悩み
もっと見る