注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

7歳からワキガになる子も?その原因は親にあり!?

子どもの健康

2020.08.17

子どもの汗のにおい

まだ小さい子どもの体臭が鼻についたり、洋服のわきの下の部分に黄色い汗じみができていたり…。じつはそれ、ワキガの症状が出始めているのかもしれません。

 

「ワキガって、思春期くらいから始まるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、最近は7歳くらいからワキガになる子どもも。ワキガのにおいが発生するメカニズムや適切なケア方法について、銀座長澤クリニックの長澤誠一郎先生にお話を伺いました。

 

PROFILE 長澤誠一郎先生

医学博士。銀座長澤クリニック院長。慶応義塾大学医学部卒業。長年の治療実績と、学会での研究発表を認められた医師のみが認定される日本美容外科学会認定専門医を持つ。多くの外科医を指導する技術指導医でもある。子どものワキガ治療も多く手掛ける。http://www.bi-waki.com/ls/

 

どうしてワキガのにおいが発生するの?

同じように汗をかいても、なぜワキガのにおいが発生する人とそうでない人がいるのでしょうか。「ワキガとは、わきの下や陰部などから“特有”の刺激的なにおいが発生する症状のことです。病気などではなく、生まれ持った体質です」(長澤先生、以下同)。

「においの原因となるのは汗。私たちの身体には“汗腺”という汗を分泌する器官があります。汗腺には2種類あり、ひとつをエクリン汗腺、もうひとつをアポクリン汗腺といいます。エクリン汗腺は全身にあり、暑い時や緊張した時、熱いものを食べた時などに出る通常の汗として排出されます。一方のアポクリン汗腺は、わきの下、外耳道、乳首の乳輪部、外陰部、肛門の周辺という特定の部位にあります」

 

アポクリン汗腺から出る汗自体には、においはないそうです。「しかし、皮膚の表面で常在菌と合わさり揮発することで、独特のにおいが発生します。これがワキガです。人によっては、わきの下だけでなく、アポクリン汗腺のある他の部分もにおう場合があります」

 

アポクリン汗腺は誰にでも存在しますが、「ただ、ワキガの人はそうでない人と比べてアポクリン汗腺が多く、汗の量も多い」といわれています。

 

 

>NEXT ワキガになる人はどんな人?

1 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【悩み】その他の記事

悩み
もっと見る