注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

生後6か月「寝返り」できないと遅い?〝運動発達〟を遊びでサポートする方法

子どもの健康

2020.04.24

「寝返り」ができる時期は個人差が大きい

 

iStock/ Satoshi-K

 

厚生労働省による「乳幼児身体発育調査(平成22年)」によれば、寝返りは生後34か月頃になるとできる子が増え始めます。

そして45か月には約半数がマスターし、89か月になるとほぼすべての子ができるようになります(※1)

つまり、寝返りができるようになる時期は生後3~9か月と幅が広く、発達のスピードは個人差が大きいことが分かります。

なかには寝返りをマスターしないまま、次の発達過程である「ひとり座り」や「はいはい」ができるようになる子もいるのです。

育児書やネット情報で〝寝返り時期〟と言われる月齢を過ぎてマスターできていないと、心配になってしまうママも多いでしょう。

しかし、健診や予防接種のときなどに発達の遅れを指摘されていなければ、大きな問題となることはほとんどありません。

神経質にならず、寝返りの時期も個性のひとつとして、赤ちゃんのペースに合わせて見守ってあげることが大切です。

 

 

>>NEXT 「寝返り」の練習になる遊び

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【悩み】その他の記事

悩み
もっと見る