コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

思春期に悩ましい「ニキビ」は皮膚の病気〝2つの原因〟ケア法を女医が解説

子どもの健康

2020.04.09

ニキビができやすい…こんな習慣に注意

 

iStock/PeopleImages

皮脂の分泌量や肌の角化の程度には個人差があるため、ニキビのできやすさも人それぞれ。正しいスキンケアを行えば予防・改善することもできますが、日常生活でも次のような点に注意しましょう(※1)

●ストレスを溜めない
●十分な休息と睡眠不足を避ける
●高脂質・高糖分の食事を避ける
●便秘を予防する
●ビタミン類を多く摂る

 

ニキビは悪化すると毛穴周囲の組織を破壊して、くぼみのような痕を残してしまうことも少なくありません。

スキンケアや生活習慣の改善を徹底してもニキビが良くならないときは、皮膚科での治療が必要なこともあります。悪化する前に、正しい治療を受けるようにしましょう。

 

(※1)慶應義塾大学病院「にきび(尋常性ざ瘡)」

 

 

 

文:成田亜希子

3 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【悩み】その他の記事

悩み
もっと見る