コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

思春期に悩ましい「ニキビ」は皮膚の病気〝2つの原因〟ケア法を女医が解説

子どもの健康

2020.04.09

ニキビ予防に必要な2つのケア

 

iStock/gyro

 

このように、ニキビの根本的な原因は「皮脂の過剰分泌」と「肌の角化」です。ニキビを予防・改善するにはこの2つの原因を改善することが大切。

とはいえ、思春期の頃はホルモン分泌の関係で皮脂が多くなるもの。分泌を完全に抑えることは困難です。そのため、次のような点に注意したスキンケアがおすすめです。

 

ばっちり「保湿」をする

皮脂の分泌はホルモンの働きによって左右されますが、肌の乾燥も皮脂分泌を促す原因になります。皮脂の分泌を最小限に抑えるには、保湿効果の高い化粧水を使用しましょう。肌の保湿は角化の改善と予防にもつながります。

なかには、皮脂が気になって過剰な洗顔をする方もいますが、これは肌の乾燥を引き起こすため、かえって皮脂の分泌を増やしてしまう可能性も。過剰な洗顔は避け、洗顔後はなるべく早く保湿ケアをすることが大切です。

 

清潔を心がけて「洗顔」する

ニキビは、皮膚の常在菌が異常増殖することによって引き起こされます。ニキビを予防・改善するには、アクネ菌などの常在菌に効果のある洗顔料を使用するのがおすすめです。

洗顔するときは、洗顔料を良く泡立てて、毛穴の奥まで浸透させるよう優しく肌になじませてください。また洗顔後に顔を拭くタオルは、清潔で肌への刺激にならないような素材のものを選びましょう。

 

 

>>NEXT 日常生活で気をつけることは?

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【悩み】その他の記事

悩み
もっと見る