コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「子どもの粉薬」食品や飲料に混ぜていい? 〝これはNG〟を薬剤師が解説!

子どもの健康

2020.03.25

「混ぜちゃダメ!」この2つのパターンに注意

 

iStock/ artisteer

1.混ぜると苦みが増す組み合わせ

苦みが増してしまうものは、粉薬の種類によって変わってきます。

例えば、一般感染症に効果的な「クラリスロマイシン」という抗生物質はとても苦みが強いため、苦みを抑えるためのコーティングが薬に施されています。

このコーティングは酸性の飲み物などで取れてしまうため、オレンジジュースやスポーツドリンク、乳酸菌飲料などで飲むと苦みを強く感じてしまいます。このため「酸性の飲料」で飲むのは避けたほうがよいといえるでしょう。

 

2.薬の吸収に影響しやすい飲み物

薬の吸収に影響しやすい飲み物について、薬別の例は以下の通りです。

●牛乳やミネラルウォーター

抗菌作用を持つ「ニューキノロン系」、「テトラサイクリン系」の抗生物質の場合、牛乳やミネラルウォーターに含まれるカルシウムと薬がくっついてしまい、吸収が妨げられてしまうことが考えられます。

●果汁ジュース

アレルギー性鼻炎やじんましんに作用する「抗ヒスタミン薬のフェキソフェナジン」は、果汁ジュースによってフェキソフェナジンの吸収が妨げられてしまいます。

 

これらは粉薬だけではなく錠剤でも同じなので、大人でも注意しましょう。どちらも、薬を飲む時間と2時間程度あければ影響は少ないと考えられます。

ちなみに、牛乳嫌いになると健康への影響が懸念されるので、牛乳に薬を混ぜて与えるのは原則としてNGです。

 

>>NEXT 薬を混ぜるのにおすすめな食品は?

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【悩み】その他の記事

悩み
もっと見る