注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

子どもの目薬「大人用」をおすすめしない訳と〝上手なさし方〟を解説

子どもの健康

2020.03.17

目薬を貸し借りしてはいけない理由

 

iStock/Sasiistock

 

細菌やウイルス感染などの可能性

目薬は、市販薬にしても処方薬にしても、大人子ども問わず、他の人の使用したものは貸し借りしないようにしてください。理由は、目薬の容器に付着した菌やウイルスの影響を防ぐため。

目薬は使っているうちに、容器の先端に菌やウイルスなどが付着してしまう可能性があります。目薬を貸し借りすると、その菌が他の人の目に感染する可能性があるのです。

目薬を使用する際、先端がまつげなどに当たらないよう気を付けることも大事ですが、目薬の貸し借りは病気がうつってしまうことにつながるので厳禁です。

 

iStock/Joy10000Lightpower

 

使用期限は厳守しなければいけない

目薬をシェアしてはいけない理由のひとつに、使用期限の問題もあります。なぜなら目薬は液体なので、細菌などが繁殖しやすいという性質があります。

パッケージに記載されている期限は、未開封状態の期限。開封した場合、一般的には期限は1か月と言われています。使用期限は製品によって異なるため、正確な日数は説明文書で確認しましょう。

 

 

>>NEXT 子どもに目薬をさす方法 

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【悩み】その他の記事

悩み
もっと見る