注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「かかりつけの小児科」選び…ママ看護師が考える〝いい病院〟の見分け方

子どもの健康

2019.11.27

2019.12.02

子どもを持つといろんな機会に「かかりつけの小児科を持ちましょう」と進められることも多いと思います。病気のときだけでなく健診や予防接種なども、子どもの体質や既往歴などを熟知した小児科なら安心です。長いおつきあいとなる〝かかりつけの小児科〟の選び方をアドバイスします。

「かかりつけの小児科」のメリット


iStock.com/sunabesyou

まず病院の規模からいうと、大きな総合病院ではなく、地域のクリニックをイメージしてもらうといいかと思います。

風邪などの受診、予防接種、健診など、子どもの健康に関すること全般を、同じ医師に継続的に診てもらえるのは大きなメリットです。

子どもの名前や顔から始まり、病歴や症状、成長の過程を見守ってもらえるのは、親としてはありがたいもの。

医師と子どもが顔見知りだと、リラックスして診察を受けたり、いつもと違う様子に気づいてもらえるのも安心です。

もしも緊急の処置や入院など、大きな病院での対応が必要になった場合にも、連携している適切な病院を紹介してもらえます。

 

「かかりつけの小児科」を選ぶポイント


 

iStock.com/imacoconut

 

では、かかりつけの小児科は何を判断基準に選ぶか…ここではポイントが2つあります。

 

1.子連れでの通いやすさ

子どもが小さいうちは病院に通う頻度も多く、体調の悪い子どもを連れての通院は大変なものです。
なので「子どもを連れて無理なく通えるか」が大切なポイントです。
自宅と病院の距離や移動手段、公共交通機関や徒歩のルート、駐車場や駐輪場の有無。
また、普段の移動手段が自転車の場合は、雨天時の交通手段なども確認しておきましょう。

 

2.医師との相性

これは実際に受診してみないと判断できませんが、話してみると「合う」「合わない」がわかると思います。
話やすい雰囲気かどうか、診断や自宅での対処方法などを詳しく説明してくれるか、そもそも信頼できるかなど。
また一概に「厳しい」医師がNGとは限りません。「厳しいから嫌だ」という人もいれば「厳しいけど診断は的確」と言う人も。
要は、自分との相性が大切です。周囲の評判や口コミだけに左右されず、自分の目で判断しましょう。

 

看護師ママがチェックするポイント


 

iStock.com/maroke

 

さらに、看護師である筆者が小児科を受診したとき。職業柄、ついチェックするポイントを3つまとめました。

 

1.待ち時間が適度か

ガラガラの病院も心配ですが、1時間以上待つのが当たり前だと、病気の子どもにはしんどいと思います。
電話やネットで予約が取れる病院だと、受診時間に合わせて計画的に通院できるので便利です。

 

2.スタッフ間のコミュニケーション

医師、看護師、医療事務などの雰囲気がいいかどうかは、結構重要なポイント。
無駄な私語がなく、スタッフ間のコミュニケーションが取れている病院は、質が高く良い病院が多いと感じます。

 

3.子どもが待ちやすいか

多少待ち時間がかかったときでも、子どもが居心地よく待てそうな病院だと安心です。
キッズスペースやトイレなどもチェックしておのがオススメです。

 

また小児科選びと一緒に「かかりつけの薬局」も押さえておくと安心です。

ママと子どもにぴったりの「かかりつけの小児科」が見つかるといいですね。

 

 

文;松本 悠里香

あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【悩み】その他の記事

悩み
もっと見る