注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

子どもが入院!! 看護師ママおすすめ〝病室で便利だったもの〟11選

子どもの健康

2020.01.20

子どもが急に入院することになったとき…誰だって大慌てしてしまいますよね。実は筆者も、そんな経験を持つママのひとり「いざ準備!」となって、持ち物に途方にくれました。病院から指導がある基本の持ち物の他に〝持って行って便利だったもの11選〟を、看護師ママがご紹介します。

 

 

【子ども編】入院ストレスを減らすグッズ

 

iStock.com/Ksenia Sandulyak

 

 

1.使い慣れた食器

子どもが普段家で使い慣れているものを持参すると、使いやすく、安心できるようです。

体調のすぐれないときに、病室という空間でご飯を食べるのは子どもにとってストレスになりやすいもの。

スプーンやフォーク、箸、コップなど、お気に入りのアイテムを準備してあげましょう。

 


2.ふりかけとサランラップ

慣れない環境で食べる慣れない食事は、子どもにとってハードルが高いもの。

お気に入りのふりかけをかけて、サランラップで一口大のコロコロおにぎりはいかがでしょう?

「お茶碗の白ご飯は食べられないけど、おにぎりにしたら食べられた」というケースは意外と多いようです。

ただし、これは食事制限がない場合に限った話。気になる場合には、事前に病院側に相談してください。

 

>>NEXT 子ども用の〇〇があると普段も便利!

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【悩み】その他の記事

悩み
もっと見る