コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「赤ちゃんとテレビ」の適切な距離〝目の発達〟に悪影響を及ぼさない対策

子どもの健康

2020.05.05

【医師が推奨】赤ちゃんとテレビの適切な距離

 

iStock/ Laikwunfai

 

赤ちゃんは視力が弱いためはっきりとものを見ることができません。しかし、生後3か月頃には赤、青、緑などはっきりした色の区別がつくようになります。

ハイハイや伝い歩きをマスターして移動できるようになると、赤ちゃんは色や形などから興味を持ったものに近づいてゆきますが、テレビの画面も例外ではありません。

興味を持ってものを眺めるのは赤ちゃんの視力の発達に必要なことですが、目の負担やブルーライトの影響を避けるため、テレビは2m以上離れた場所から観るようにさせましょう。

特に明るい光がチカチカするような場面が多い番組は、部屋を十分明るくして、3mほど離れて観るのが理想的です。

 

 

>>NEXT 赤ちゃんをテレビに近づけない対策を

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【生活習慣】その他の記事

生活習慣
もっと見る