コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「鼻うがい」どんなメリットがある? 小児科看護師の〝正しいやり方と注意点〟

子どもの健康

2020.04.10

正しい「鼻うがい」のやり方

 

PhotoAC/risu

<用意するもの>

●0.9%食塩水(または専用の「鼻うがい洗浄液」)
●ノズル付ボトル(100円ショップのドレッシングボトルがおすすめ)
●タオル
「0.9%食塩水」の作り方:水を沸騰させて、冷ましたぬるま湯に「1リットルに対し9gの食塩」を入れて溶かす(作り置きせず、そのつど作ること)

<やり方>

1.ノズル付ボトルに食塩水(または洗浄液)をいれて準備します。
2.やや前かがみの状態で、容器を押しながら食塩水を鼻の中に流します(このとき「あー」と声を出すのがポイント)。
3.流し込んだ食塩水を口から出します。
4.鼻に入った洗浄液や鼻水をかんで外に出します(強くかまないように注意)。
5.2〜3度繰り返し、鼻水が出てこなくなったら終了です(1回200ml程度が目安)。

 

>>NEXT 「鼻うがい」で注意したいこと

2 / 4 ページ
あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【生活習慣】その他の記事

生活習慣
もっと見る