コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「鼻のかみ方」子どもに楽しく教えよう!! 小児科看護師のおすすめ練習法

子どもの健康

2020.03.12

子どもに「鼻のかみ方」を教えるのは、なかなか難しいもの。鼻息の出し方やタイミング、強さなど、ポイントを正しく教えてあげないと、トラブルを引き起こすこともあります。子どもにもわかりやすい「鼻のかみ方」を、小児科の看護師がアドバイスします。

 

「鼻のかみ方」を教えるときのポイント3つ

 

iStock.com/Hakase_

 

 

子どもに練習をさせるのは、ママのお話が理解できるようになる2〜3歳ごろから、少しずつはじめることをおすすめします。

正しい鼻のかみかたを教えることは、中耳炎や副鼻腔炎などの病気を引き起こさないためにも大切です。

子どもによく言い聞かせたいポイントは、次の3つです。

<正しい鼻のかみ方の3ポイント>
●強くかまない
●口を閉じる
●片方ずつかむ(片方の鼻の穴を押さえながらかむ)

 

一気に強くかむと耳に不要な負担がかかって耳を痛めたり、中耳炎になる可能性もあります。少しずつ小刻みにかむように教えましょう。

口を閉じないでかむと、口から空気が抜けてしまい、鼻水をしっかり出し切るのが難しくなります。口を閉じてかむよう教えましょう。

上記3つのポイントをよく伝えて、お子さんと一緒に鼻水をかむ練習をしてみましょう。

とはいえ練習中は、まだしっかりと鼻水を外に出し切れていないこともあるので、様子を見て吸引もしてあげてくださいね。

 

 

>>NEXT まずはママが「見せる」ことから

1 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【生活習慣】その他の記事

生活習慣
もっと見る