コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

大人の肥満に移行する可能性が高い「子どもの肥満」放置してない?

子どもの健康

2020.01.07

「思春期になれば自然に痩せる」と、子どもの肥満を放置していませんか? 子ども時代の肥満は将来的に糖尿病や脂質異常症、高血圧などの生活習慣病にかかりやすくなることが分かっており、幼児期からの肥満対策は大切なことです。子どもの肥満の問題点と対策について、詳しく解説します。

 

 

iStock.com/sihuo0860371

 

子どもの肥満の基準は?

 

肥満の程度を表す指標は、一般的によく用いられる「BMI」をはじめ、たくさんあります。

しかし、子どもの体型は急激に変化するのもです。生後半年ほどは急激に体重が増加し、その後、増加スピードは徐々にダウン

5歳を迎えた頃に、再びアップするのが一般的なパターンです。このため子どもの場合、肥満度を示す指標は、月齢や年齢によって評価の仕方が異なります。

日本小児内分泌学会によれば、子どもの肥満度は、下記の計算式を用いた値(%)で評価されます。

 

(実測体重-標準体重)/標準体重×100(%)

 

幼児では、15%以上を「太り気味」、20%以上を「やや太り過ぎ」、30%以上を「太り過ぎ」とします。

学童では、20%以上を「軽度肥満」、30%以上を「中等度肥満」、50%以上を「高度肥満」とします(※1)

標準体重は性別・年齢・身長によって異なり、母子手帳などにグラフ化されています。

参考にしながら、まずは子どもの肥満度をチェックしてみましょう。

 

 

>>NEXT 子どもの肥満の原因は?

1 / 4 ページ
あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【生活習慣】その他の記事

生活習慣
もっと見る