コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

市販の「子ども用かぜ薬」は〝強い成分〟が入ってる?! 正しい知識と選び方

子どもの健康

2020.02.27

配合成分が多いことのメリット・デメリット

 

iStock.com/maroke

 

医師の診断による処方薬では、症状ごとに薬が処方されて別々になっていたり、飲むタイミングも異なっていたりと、子どもに飲ませる手間がかかります。

この点では市販のかぜ薬は、熱や咳、鼻水、痰など、かぜの症状い広く対応できるという点が、メリットのひとつとして挙げられるでしょう。

 

一方、複数の成分が入っていることで、現状の症状には不要な成分が含まれている可能性があることがデメリットです。

つまり、発熱はないのに解熱剤も含んでいる薬を飲むことになる、といった状況が考えられます。

また、アレルギーも問題のひとつ。成分がたくさん入っている薬では、アレルギーや副作用の可能性も高まります。

そして万が一、アレルギーや副作用が出た場合、どの薬が原因なのかもわかりづらくなることがあります。

 

 

>>NEXT 市販薬の〝強い成分〟について

2 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【病気・感染症】その他の記事

病気・感染症
もっと見る