コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「たかが鼻水」と放置しない!! 子どもの「副鼻腔炎」長引かせると厄介に…

子どもの健康

2019.11.26

2019.12.02

副鼻腔炎の原因と症状


 

iStock.com/baona

 

●副鼻腔炎の原因

副鼻腔炎の原因は、狭い空間である副鼻腔が詰まって細菌が増殖してしまうこと。

副鼻腔は鼻の中と「自然口(しぜんこう)」と呼ばれる穴でつながっており、副鼻腔内で産生された粘液などは鼻の中に排出されています。

この自然口は非常に小さな穴で、鼻炎や咽頭炎などの風邪をひくと、粘膜が腫れて自然口が塞がってしまうこともあります。

すると副鼻腔内で産生された粘液が排出できず、副鼻腔内の圧が高まりさらに細菌が増殖することで炎症が悪化するのです。

 

●副鼻腔炎の症状

副鼻腔炎の主な症状は、頑固な鼻づまり、顔や目の奥の痛み、頭痛、歯痛などです。

また副鼻腔内に溜まった粘液が漏れ出すと、ドロッとした鼻水が出たり、のどの奥に落ちて咳が出るといった症状が見られることも。

常に頭が重く、ぼーっとした状態が続き、注意力や集中力が落ちる、日中に眠くなるなど、日常生活に支障を来す症状が出ることも少なくありません。

 

>>NEXT 子どもは副鼻腔炎になりやすい?

2 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【病気・感染症】その他の記事

病気・感染症
もっと見る