コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「たかが鼻水」と放置しない!! 子どもの「副鼻腔炎」長引かせると厄介に…

子どもの健康

2019.11.26

2019.12.02

子どもが風邪を引いた後、治ってからも「ドロッとした鼻水が続く」と気づいたことはありませんか? 自然に症状が治まっていくこともありますが、慢性的な副鼻腔炎に進行すると、日常生活や学業などに支障を来す可能性があり、なかなか厄介です。子どもの副鼻腔炎の特徴と注意点を、詳しく解説します。

副鼻腔炎」が起きるところ


 

副鼻腔炎は、鼻や頬、額にある「副鼻腔(ふくびくう)と呼ばれる空間に炎症が生じる病気です。

「副鼻腔」には、前頭洞・篩骨洞・上顎洞・蝶形骨洞の4種類があり、それぞれ左右にひとつずつ存在しています。

このいずれかに炎症が生じる病気が「副鼻腔炎」で、炎症が悪化すると副鼻腔内に膿が溜まっていきます。

 

 引用:国立長寿医療研究センター

 

>>NEXT 「たかが鼻水」じゃない副鼻腔炎

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【病気・感染症】その他の記事

病気・感染症
もっと見る