コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ノロウイルスには「アルコール消毒」は効かない!! 感染時の正しい消毒法

子どもの健康

2019.12.24

ノロウイルスの消毒方法

 

iStock.com/gpointstudio

 

ノロウイルスを消毒するには、塩素系漂白剤などに含まれる次亜塩素酸が必要です。

市販の塩素系漂白剤などは濃度が5~6%。原液のまま使用すると便座や床などを傷つける恐れがあるだけでなく、目にしみたり吐き気を催す恐れがあります。

ノロウイルスを退治するには0.02%ほどの濃度で十分とされていますので、薄めて使用するようにしましょう。

水5リットルに対し、一般的な塩素系漂白剤のキャップ1杯分を大まかな目安としてください。

 

便座や電気スイッチ、レバー、吐物がこぼれた床など、ノロウイルスが付着している可能性がある部位は、この消毒液をよく浸した雑巾でこまめに拭き取ります。

またノロウイルスは熱に弱い性質がありますので、シーツや衣類に便や吐物が付着したときは、消毒液に浸してから洗濯し、乾燥機にかけるとよいでしょう。

カーペットなど洗濯できない場所に嘔吐してしまった場合は、消毒液を浸した雑巾でふき取った後、アイロンで熱するとしっかり消毒できます。

 

(※1)NIID 国立感染症研究所

 

 

文:成田亜希子

3 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【病気・感染症】その他の記事

病気・感染症
もっと見る