コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

熱はあるけど元気な子ども「お風呂どうする?」の疑問に医師が回答!!

子どもの健康

2019.11.21

2019.12.03

発熱時の入浴で注意すべき点


 

iStock.com/yipengge

「入浴させた方がよい」とはいえ、普段と同じようにしていいわけではありません。熱があるときは、次のような点に注意しましょう。

 

1.水分をよく摂る

熱がある時はただでさえ、普段より多くの水分が必要です。
お風呂に入ると子どもは思いのほか多くの汗をかきますので、脱水症を防ぐためにも入浴前後に十分な水分補給をしましょう。

 

2.湯の温度に注意する

身体を芯から温めるには、熱いお湯に短時間浸かるよりも、38℃前後のややぬるめのお湯にゆっくり浸かる方が効果的。
また、熱いお湯は湯冷めもしやすくなりますので、熱がある時はNGです。

 

3.浴室と脱衣所を温める

入浴時の盲点となりやすいのが、浴室と脱衣所の温度。ここは家の中でも冷えやすい場所です。
特に発熱時は一気に身体が冷え、子どもの小さな体には負担が大。入浴前に暖房やストーブなどでしっかり温めておきましょう。

 

4.下痢をしている時は最後

ノロウイルスなどの感染症で下痢をしていると、湯船の水を介して家族に感染する可能性があります。
下痢をしている場合は最後に入浴し、入浴後は浴室を丁寧に水洗いして、換気することが大切です。

 

 

>>NEXT こんなときは入浴はNG!

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【病気・感染症】その他の記事

病気・感染症
もっと見る