コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「お腹が痛い」と訴えるとき…気をつけるべき〝子どもの病気〟症状と治療法

子どもの健康

2019.11.07

2019.12.03

子どもの腹痛「こんなとき」は即受診


iStock.com/vitapix

基本的に子どもに何らかの体調不良が現れたときは、早めに病院に行くことをおすすめします。特に次のような腹痛症状には、大変な病気が潜んでいる可能性が。できるだけ早く受診してください。

●2〜3日経っても症状が改善しない
38℃以上の高熱がある
血便がある
●歩いたり跳ねたりすると痛みが強くなる
●お腹全体が板のように硬くなっている

 

腹痛はありふれた症状ですので、〝様子見〟で済ませてしまうことも多いもの。しかし、なかには重大な病気が潜んでいることもありますので、十分な注意が必要。異変を感じたらすぐに医療機関を受診するようにしましょう。

 

 

文:成田亜希子

4 / 4 ページ
あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【病気・感染症】その他の記事

病気・感染症
もっと見る