コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

子どもの「インフルエンザ予防接種」受けるべき時期と注意したい点

子どもの健康

2019.10.30

2019.12.03

なぜ「子どもは2回接種する」のか


iStock.com/Jovanmandic

予防接種は、感染症の原因となるウイルスや細菌の力を弱めたりしたワクチンを体内に入れ、そのウイルスや細菌に対する免疫力を作り出すもの。

免疫力が作られると、体内に入り込んだウイルスや細菌が攻撃されて、感染する確率がグンと下がるのです。

大人の場合、インフルエンザのワクチンを1回接種すると、免疫が作られると考えられています。

一方、子どもは免疫を作り上げる機能が未熟なため、1回の接種だけでは十分な免疫が作られません。このため、間をあけて2回の接種が必要なのです。

>>NEXT 完全に予防できる訳ではないけれど

3 / 4 ページ
あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【病気・感染症】その他の記事

病気・感染症
もっと見る