簡単!冷凍テクで調理を時短する!【CHANTO6月号より】

_S1A3358

冷凍しておけばパパッと料理が作れる!

食材の冷凍保存は、手間がかかってめんどうと思っていませんか? 
実は「下ごしらえなし」「切ってそのまま」でも、おいしく冷凍ができるのです! 
忙しいワーママもムリなく続けられる冷凍テクニックを紹介します。

教えてくれたのは…
島本美由紀さん
料理研究家・ラク家事アドバ
イザー。時短料理や冷蔵庫徹
底活用など、快速家事術が人
気。著書に『ひと目でわかる! 
食品保存事典』(講談社)など。

 

~食材を生のままで冷凍するときの手順~

食材を冷凍するために覚えておきたい、5 つのポイントがあります。
これさえ守れば失敗することはありません。

1.新鮮なうちに保存する

すぐに使わない野菜は、
野菜室にほったらかし
にせず、鮮度が落ちな
いうちに冷凍保存をし
ましょう。栄養価もお
いしさも逃さないで。

_S1A3203

2.水けをしっかりふく

食材に水けが残った
まま冷凍すると、霜
がついてしまい、調
理時は油ハネの原因
にもなります。洗っ
たらキッチンペーパ
ーで水けをしっかり
ふきとって。

_S1A3340

3.薄く、平らにする

食材を冷凍用保存袋に入れたら、空気を抜いて密閉し、乾燥を防
止します。スピーディーに凍らせるためにも、中身を薄く平らに
のばしましょう。

_S1A3342

4.金属製バットにのせ急速冷凍する

味や食感の劣化を防ぐために
は、できるだけ早く凍らせる
ことが大切。冷気が早く伝わ
る金属製のバットやトレーに
のせて冷凍室に入れましょう。

P106_S1A3344

5.1か月以内に食べきる

長期保存ができるといっても、おいしさが失わ
れないうちに食べきること。保存期間の目安は
冷凍した日から1か月以内です。※ひき肉やき
ゅうりは3週間以内に食べきりましょう。

 


※WEB(上記)で紹介したのは冷凍テクのほんの一部です。すべてをごらんになりたい方は『CHANTO』2018年6月号をお買い求めください。

 

 

ほかにも…

・レシピを見ないで作れるカンタン肉おかず

・忙しくてもすぐ片づく部屋!

・横山だいすけさんのスペシャルインタビュー

など、盛りだくさんの内容でお届けします!

201806CHANTO

Chanto