注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

GENKINGさんがYouTuberに!? 洗濯バサミの巻き髪技に「目からウロコ!」

美容

2019.05.24

20190522genking01

身近にあるものだけで、簡単に美容を楽しめたら嬉しいですよね。そこで今回は、YouTuberデビューを果たしたGENKINGさんの動画を紹介。おしゃれ女子必見の、簡単にできる美容ハウツーを見ていきましょう。

 

YouTuberデビューを果たしたGENKINGさん!


今年4月に、GENKINGさんのYouTubeチャンネルに動画が初投稿されました。チャンネルのコンセプトは「身近な商品を使用した誰でもチャレンジできるハウツー動画」としており、実際にGENKINGさんが美容法を実践するという内容。

 

5月8日にアップされた動画で紹介されたのは、“洗濯バサミ”を活用したヘアアレンジ法です。開いた洗濯バサミに髪の毛を巻いていき、最後に髪の毛を挟んだGENKINGさん。洗濯バサミで巻くことにより、髪の毛を痛めることなく簡単にWAVEヘアーが作れます。

 

「あんまり髪の毛(の束)が細いと上手くまとまらないので、1.5~2cmくらいの厚みにしたほうが挟みやすい」とポイントをレクチャー。同じ要領で洗濯バサミを使い、お団子を作っていきます。お団子をたくさん作ったら、今度はドライヤーが活躍。温風で温めた後に冷風で冷ますのがポイントで、この工程を踏むことでよりクセがつきやすくなるのだとか。

 

洗濯バサミを取り外すと、ナチュラルな巻き髪が完成。GENKINGさんは「こういうのってコテで巻くと均一になっちゃうけど、洗濯バサミで巻くとマーメイドウェーブ調になります」と、コテを使うより自然な仕上がりになると語ります。さらに、「小さいお子さんとか、髪が痛んでてコテを使いたくない人にもおすすめ」と発言。動画視聴者からは、「洗濯バサミとは目からウロコ!」「家にあるものでできちゃう手軽さが嬉しい」「洗濯バサミでこんなに自然なWAVEになるのね」といった絶賛の声が上がっていました。

 

割りばしを使ったヘアアレンジでファンキーに!?


他にも、4月30日には“割りばしを使ったスパイラルヘア”という動画をアップ。動画では簡単ヘアアレンジメソッドを紹介しています。動画内で使うものは割りばしとストレートアイロンのみと大変シンプル。

 

まずは割りばしに髪の毛をぐるぐると巻きつけていきます。割りばしに髪の毛を巻きつけた状態で、ストレートアイロンを当てていくGENKINGさん。割りばしを外してみると、見事なスパイラルヘアが完成しました。GENKINGさんは、「すごいでしょ。コテでなかなか巻ける細さじゃないくらいクルクルにできます」とコメント。髪を手で伸ばして、しっかりと巻けているところを見せてくれました。

 

「実際にやる場合は襟足からやるほうが楽なので、襟足からやってください」と、割りばしを活用しながらスパイラルヘアを量産。髪全体が巻かれ、ファンキーな見た目に変身を遂げています。「パーティだったりとかイベント、あとはダンサーの子。すごい簡単なのでやってみてください」と語り、決めたいときにおすすめだとアドバイス。髪への負担を最小限に抑えて、ここまで遊べることに驚きです。

 

「Baking」や「セルフヘアカラー」の方法をレクチャー!


GENKINGさんは自身のブログでも美容メソッドを公開。1分ほどの動画では、「Baking」というメイク法について紹介しています。「ファンデの後に、ルーセントパウダーを乗せ5~10分ほど放置してからから払い落すと、陶器みたいな肌になるの」とBakingを解説するGENKINGさん。「私は乾燥肌だから、長時間は向かないけど、短時間の撮影とかは鬼盛れするよ」との言葉通り、ツルツルの卵肌に変身した姿を見せていました。

 

他にもブログでは「セルフヘアカラー」の方法を動画でレクチャー。「美容院に行く時間が無い時は、昔から自分で染めてる」と明かし、GENKINGさんは普段からセルフヘアカラーを実践していると公言しています。さらにブログには、

 

セルフで失敗しないコツは、ケチらず髪の長さによってカラー剤をちゃんと用意する事と、カラー剤塗ってからクシでとかすとムラになりにくいよ

 

とのメッセージを投稿。難しいセルフヘアカラーを親切に紹介しています。

 

美容に対してどれほどお金をかけるかは、大きな悩みどころ。GENKINGさんを参考にして、手軽に美を追求してみませんか?

 

文/長谷部ひとみ

 

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る