注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「連休明けの体重増加」に動揺している人へ…この〝体重戻しテク〟が効く!!

美容

2019.05.08

shutterstock_332045699

大型連休には、家族で旅行したり帰省したりと「おいしいごものをたくさん食べた!」という方も多いと思います。でも、楽しい思い出と引き換えに「ああ、太った!」と激しく後悔しているころではないでしょうか。でも大丈夫、ママたちの「体重戻しテクニック」で、連休明けの〝体重増加〟をやっつけましょう!

 

■むしろ「体重計」を封印したら…(ナミエさん/39/在宅ワーク)

私も数年前まで、連休明けにはいつも〝体重増加〟に悩んでいました。食べる量を減らして調整しても、思うように体重が減らないと余計にイライラ。結局ストレス解消のために、過食に走るという負のループに陥ってしまい、家族にも八つ当たりしてしまう始末。

そんな「体重に縛られる自分」に嫌気がさして、ある連休明けにふと、体重を計ることをやめてみたんです。すると、いつも感じていたイライラが解消。体重がわからないことで「絶対に太っているはずだから間食を減らそう」とか「夜ご飯は軽くしよう」と、むしろ前向きな気持ちになりました。

そして1週間後。毎日体重を計ることを習慣にしていたので不安でしたが、計ってみてびっくり! すっかりベスト体重に戻っていたんです。

よくストレスはダイエットの敵だと聞きますが、身をもって実感した経験でした。食べ過ぎて体重が太増えるのは当たり前。私のようにイライラしてしまう方は、まずは1週間「体重計」を封印してみてください。

■朝食をスムージーにして腸内をととのえる(咲子さん/36/経理)

shutterstock_380369794

私たち夫婦はお酒が大好き。仕事に影響しないよう平日は禁酒しているので、連休があると「ここぞ!」とばかり、明るい時間から晩酌したくてたまらなくって(笑)。小学生の子どもたちにも「連休中は好きに食べていいよ」と、一家で〝チートデー〟を決め込んでいます。

「そんなに食べて太らないの…!?」と家に遊びに来た両親に心配されるくらい食べますが、まったく大丈夫。連休明けの朝はスムージーだけにして、すぐにリセットするように心掛けているんです。体重が戻るまで、朝ごはんはスムージーのみ。

酵素がたっぷり含まれるパイナップルと、ヨーグルトをメインに、牛乳や豆乳などと一緒に好きな野菜や果物をミキサーに入れるだけ。連休中に乱れた腸内環境も良くなるので、ポッコリお腹もすぐに解消。二日酔いの朝にもぴったりですよ。

■内から外から〝むくみ〟を解消(麻里さん/29/パート)

shutterstock_1141243301

7歳の娘は食べることが大好き! パパと息子は食べることにあまり興味がないので、連休になると男女に別れてお出かけして、私と娘はおいしいランチとデザートを楽しむのがお決まりです。

でも外食は、どうしても塩分と糖分の摂取が多くなってしまうので、もともと「むくみ体質」な私は全身がパンパンに。すぐに2kgくらい太ってしまいます。とはいえたまには、娘に好きなものを食べさせてあげたいので、食べるときは思いっきり楽しんで連休明けにしっかり対策しています。

むくみに効果的なのは「半身浴」。普段は忙しくて夏場はシャワーで済ませてしまうのですが、連休明けは30分~1時間くらい湯船に浸かってカラダを温めています。しょうがをたっぷり入れた紅茶を飲みながらだと、さらに効果倍増! 

たいていは3日くらいで体重が戻ります。短期間で食べ過ぎて体重が増える原因の多くは「むくみ」。脂肪に変わる前に、対策することが大事ですね。

shutterstock_1292487769

どうしても乱れがちな連休の食生活。増えた体重計の数字を見ると落ち込んでしまいますが、短期間での〝体重増加〟は決して脂肪が増えたわけではないようです。「うわっ、太った!」とアセってストレスを溜める前に、いますぐやってみませんか?

ライター:山鳥 冬
食に関するイベント企画やプロモーションをしている会社に勤務しながら、楽しみを求めてフリーのライターとして活動中。家事をまったくしない、13歳年上の夫にストレスを抱えながら、仕事に人生のやりがいを見いだす日々。結婚生活の逃避が、だんだんと加速していることが最近の悩み。

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る