注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ベッドVS布団…部屋の狭さと片付けの手間、どっちをとる!?

美容

2019.02.27

20190205huton01普段の生活を充実させるなら、やはり睡眠にはこだわりたいところ。そこで重要になってくるのは、寝具選びではないでしょうか。今回は、永遠のテーマとも言われる「ベッドと布団どちらがいいか?」という論争にスポットを当ててみましょう。

 

「ベッド派VS布団派」の主張!


事の発端は、近々引っ越す予定だという女性の相談。次の家でベッドにするか布団にするかを悩んでいる彼女は、ネット上でおすすめを尋ねます。あくまでアドバイスを求めただけだったのですが、なぜか「ベッド派VS布団派」の構図で熾烈な論争が繰り広げられることに。

 

ベッド派からは、「ベッドは敷布団と違って底冷えしない。冬も快適に寝たいならベッドにするべき!」「布団だと片づけたり準備するのが面倒では? ベッドなら帰ってきてすぐに飛び込めるよ」「ベッド下に収納スペースを作れるのが一番のポイント! 引き出しつきのベッドも売ってるので、利便性も高いと思う」などの意見が上がります。

 

一方で布団派も、「ベッドは掃除する時ものすごく不便。隅々までキレイにできないから、ホコリも溜まりやすくなる」「間違いなく敷布団の方が寝心地が良い。自分はマットレスの不自然な弾力が苦手」「もしも再び引っ越すことになったら、ベッドの処分は手間がかかるよ。手軽さを考えたら敷布団の方が優秀」と一歩も譲りません。

 

確かに人それぞれ好みは分かれますよね。しかし実際は、部屋の間取りや広さなどを考慮して選ぶ必要が出てくるはず。世間の人たちは、どんな理由で寝具を選んでいるのでしょうか。

 

ベッドと布団のいいとこ取りをする人も?


ネット上には、「六畳一間に住んでます。ベッドだと狭くなりすぎるので布団にしました」「恥ずかしい話なんだけど、自分は寝相が悪くてベッドだと落ちてしまう…」「引っ越した先には押入れがなくて寝具を片づけられないため、ベッドしか選択肢がなかったんだよね」「一度敷布団をカビだらけにしてしまい、ベッドに変えました」といった実体験も。

 

ちなみに最も多く見られたのは、「ワンルームタイプの部屋にベッドを置くと狭くなる」「布団は毎回片づけるのが面倒」という相反する意見。どうやら、一概に好みの問題だけでは決められないのかもしれません。

 

またベッドと布団どちらのメリットも手放したくないというこだわり派の人は、「マットレスを床に直置きして、その上に布団を敷いてる。これなら省スペースで万年床を作れるよ!」「最近はシンプル仕様のベッドフレームもあるので、ワンルームでも場所をとらずに済むかも」「敷布団を使えるベッドも増えてきたよね。寝心地にこだわりたいならおすすめ」など一風変わったスタイルを教えてくれました。

 

ベッドor布団の決め手は!?


ここ最近の物件は、フローリングで押入れのない部屋が多い傾向に。そのため布団だと、「収納スペースを確保するのが難しい」「万年床にするとカビが発生する原因になる」といったデメリットがあるよう。間取りや収納で考えると、ベッドの方がいいかもいれませんね。

 

 

一方、子供がまだ小さい場合は、ベッドで一緒に寝ると就寝中に転げ落ちてしまい、怪我に繋がるケースもあるよう。ベビーベッドを卒業して親と一緒に寝る場合は、布団の方が安心なことも。

 

家族のライフステージや住宅環境を考慮しながら、最適な寝具を選べるといいですね。

 

文/牧野聡子

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る