コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

寒がり妻と暑がり夫!同じ部屋で過ごす際の対処法

美容

2019.03.22

寒がる女性の画像

夫婦で一緒に暮らしていて困ってしまうことの1つに、エアコンの設定温度問題があります。夫にはちょうどいい温度でも、奧さんにとっては寒くて体を冷やしてしまうことも。

過ごしやすい季節は良いですが、夏や冬になると別室で過ごすようになっている夫婦もいるかもしれませんね。

それが原因で、夫婦間のコミュニケーションがとれなくなってしまうことも考えられます。今回は、暑がり夫と寒がり妻が同じ部屋で快適に過ごせる方法を伝授します!

■寒がり妻が防寒対策をする

基本的に男性は暑がりのことが多いので、一緒の部屋で過ごすには妻が我慢するか夫が我慢するかのどちらかしかありません。

暑い場合は対策にも限界がありますが、寒い場合は洋服を着こんだり、ブランケットをはおったりと対策することができます。

夏でも一人用のホットカーペットを用意したり、パネルヒーターを置くなど対策すると、エアコンの効いた部屋でも過ごせるのではないでしょうか。

■暑がり夫に我慢させる

エアコンが効きすぎると体を冷やし、体調を崩してしまうこともあります。夫に自分の体調が悪くなることと夫の体にも良くないことを伝え、我慢してもらいましょう。

扇風機やサーキュレーターを使用すると、体感温度はかなり下がります。エアコンの設定温度を上げて扇風機などを一緒に使うなどして、夫に慣れてもらうようにしましょう。

またリンパの流れる部位を冷やすと、体温もかなり下がります。首や脇、太ももの付け根などにアイスノンなどをあてると暑さも和らぎますので、夫にお願いしてみましょう。

■エアコンの設定温度を決める

お互いに心地良いと思うエアコンの設定温度を話し、間をとって中間の温度設定にしてみると、我慢できることもあります。

夫が適温に感じるのが24度で妻が28度なら、26度に設定してみると良いでしょう。お互いが話し合って納得した上の設定温度なので、少し暑い、少し寒いと思っても我慢できるものです。

夫は扇風機で暑さをカバーし、妻は上に一枚はおることで寒さをカバーすれば、一緒の部屋で過ごすこともできるでしょう。

■暑がり・寒がりを改善する

暑がりや寒がりは食べ物によっても改善することができます。夫婦でお互いに改善できる食品を摂取すると、体感温度も近くなるのではないでしょうか。

暑がり夫の場合、カフェインを控えて夏野菜を多く摂取すると良いでしょう。カフェインは代謝をあげる効果がありますので、コーヒーや紅茶は控えるようにしましょう。

夏野菜は体を冷やしてくれる効果があります。キュウリやホウレンソウ、ナスや冬瓜、スイカやゴーヤなどがありますので、こうした食品を積極的に摂取してみましょう。

寒がりを改善するには、冬野菜や薬味野菜を多く摂取すると良いでしょう。冬野菜や薬味野菜は血行を良くし、体を温めてくれる効果があります。

冬野菜や薬味野菜には、大根や玉ねぎ、にんじんやゴボウ、生姜や長ネギ、とうがらしやにんにくなどがあります。

■暑がり夫の生活習慣を見直す

筋肉が多い人は基礎代謝が高いので、暑がりになる傾向があります。体温の維持や内臓を機能させるにはエネルギーが必要になります。そのエネルギーは筋肉から作られますので、筋肉量が多いほど代謝が良くなります。筋肉がエネルギーを作ることで熱を発し、暑いと感じてしまうのです。

筋肉量の多い男性は女性より代謝が高いことが多いので、暑がりになってしまうのは仕方ないことといえます。

しかし、太りすぎている場合も暑がりになってしまうので、夫の健康状態によっては、夫の生活習慣を見直すと暑がりが改善されることもあります。

最近では痩せてみえるのに内臓に脂肪がたまっている隠れ肥満の人もいますので、夫が痩せていたとしても体脂肪率をチェックしてみると、肥満なのかどうかを調べられます。

もし肥満が原因で暑がりだった場合は、食生活や生活習慣を見直して、体質改善を行うと暑がりも改善できるのではないでしょうか。

エアコンの画像

■寒がり妻の生活習慣を見直す

実際に暑がりの人というのは基礎代謝が良いことが多いので、決して悪いことではありません。寒がりの人のほうが代謝が悪いことが多いので、本来はそちらを改善させるほうが本人のためにもなります。

代謝が低いと脂肪をあまり燃焼しなくなるため、体内に脂肪が残りやすくなります。肥満気味になってしまうとダイエットする人も多いですが、食事制限だけで痩せようと思う人も少なくありません。

食事制限はある程度の脂肪は落ちますが、運動をしていないと筋肉まで一緒に落ちてしまうのでさらに代謝が悪くなり、体が冷えやすくなります。

また、代謝が悪いと血行も悪くなり、体に栄養や熱をちゃんと運ばなくなりますので、さらに寒く感じてしまいます。

基礎代謝が落ちると低体温になり太りやすい体になりますので、寒がりを改善する場合は代謝をあげるようにしましょう。

代謝を上げるには筋肉をつけるのが一番です。筋肉をつけるといっても、ハードなトレーニングを行う必要はありません。

軽いストレッチやヨガ、ウォーキングなどの運動で十分です。通勤のときに一駅分は歩くようにする、エレベーターは使わず階段を使うなどでも、十分な運動になります。

代謝が上がると体温も上がりますので、夫とエアコンの設定温度でケンカをする必要もなくなるのではないでしょうか。

■まとめ

お互いに体感温度が違うと、エアコンの効いた部屋で一緒に過ごすのが苦痛になってしまうことも。一時的な対策でしのぐのも良いですが、長い目でみれば、体質改善を考えていくことも大切になるかもしれませんね。

 

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る