コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

自分のすっぴんで脳のストレスが高まる…恐ろし過ぎる調査結果

美容

2019.01.19

20181221suppin01カネボウ化粧品が、20~34歳の男女を対象に「女性の肌やスキンケア、生活に関する意識調査」を実施。その結果、女性は“自分のすっぴん”を見ると脳のストレスが高まる傾向にあることが判明しました。

 

女性は“自分のすっぴん”にストレスを抱えている!?


同調査では脳波研究の専門家・満倉靖恵教授監修のもと、脳波から感性をリアルタイムに計測する「感性アナライザ」を用いた“気持ち”の調査を実施。まず「女性の“すっぴん”に対する意識」の違いを男女別にみていきましょう。

 

20181221suppin02

男性を対象にしたアンケート調査では、「女性のメイクした顔」よりも「すっぴんが好き」と回答した割合が6割以上という結果に。しかし脳波測定では、「ベースメイク」の方が脳の「ワクワク」が高まっていることがわかりました。男性がイメージする「すっぴん」は、メイクを何もしない素顔の「すっぴん」では無いのかもしれません。

 

20181221suppin03

一方女性の脳波測定をみてみると、自分の「すっぴん」を見たときに「興味」や「好き」という気持ちに変化が無いにも関わらず「ストレス」が上昇。この結果から毎日鏡に向かってスキンケアをするとき、女性は自分の「すっぴん」にストレスを感じていることが伺えます。

 

「キラキラボトル」を使うとストレスが軽減?


「自分のすっぴんにストレスを感じている女性」が多いとわかりましたが、ストレス対策法はあるのでしょうか。調査では「キラキラのデザイン入りボトルを見た時の反応」についても解析。その結果「キラキラボトル」を見ると無意識に気持ちが高まり、ストレスが抑えられることがわかりました。

20181221suppin04

 

20181221suppin05

また「キラキラボトルの使用時」にも脳波に差が。同じ中身の化粧品でも「キラキラボトル」でお手入れをした時の方が、脳の「好き」が高まってストレスを抑制する傾向にあるようです。

 

スキンケアは中身だけでなく、「ボトルのデザイン」も楽しむ要因になるようす。化粧品を買う際は、ときめくようなボトルデザインのものを選ぶと良いかもしれませんよ。

 

■調査概要
調査方法:インターネット調査
調査期間:2018年4月10日~13日
調査対象:全国20~34歳の男性・132名、女性・241名

 

文/原田美咲

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る