注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

産後に起こる「慢性的な腰痛」子育てしながら改善&ケアする方法

美容

2018.12.10

3040代の女性の不調として、多く見られるのが“腰痛”。とくに子育て中のママでは、慢性的な腰痛に悩まされている人も少なくないのでは?

実際に、産後のマイナートラブル(いわゆる“病気未満”の不調)としては腰痛がもっとも多く、7割前後の人に見られるという報告もあります。その原因の多くが、“反り腰”。おなかを前に、腰を後ろにつき出すような姿勢で、骨盤が前傾した状態です。

shutterstock_614149853 

では、なぜ妊娠・出産によって反り腰になるのでしょう? 産婦人科医の八田真理子先生によると、

「妊娠をしておなかが大きくなると、バランスをとろうと、身体の重心が前に移動します。そのため、腰が反りやすいんです。さらに出産が近づいてくると、赤ちゃんが産道を通れるようにするため、リラキシンというホルモンが増加。これにより、骨盤周囲の靭帯や、関節どうしの結合がゆるみ、骨盤が安定しにくくなります」。

骨盤のゆるみは、妊娠・出産にともなう自然な現象で、出産後34か月でもとに戻るといわれます。ただ、この状態で大きな負荷をかけると、慢性的な腰痛を引き起こすことがあります。

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る