注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

◯◯の過剰摂取で貧血に!! 過ぎたるは及ばざるが如しの「健康法」失敗談

美容

2018.11.27

世界一の長寿国・日本。「人生100年をいかに健康に過ごすか」と、健康への関心はますます高まり、巷には健康法があふれています。しかし、なんでも「やりすぎ」は良くないもの、なかには健康を害するものもあります。よかれと思って始めた健康法で〝病院行き〟になったママたちのお話です。

 

体じゅうに謎の発疹&胃痛(美代さん/30/事務員)

トマトに含まれる「リコピン」の抗酸化作用で、シミやシワを防げるとテレビで見て、さっそく実践してみることにしました。翌日の仕事終わりには、大量のトマトを買い込んで帰宅…でも、トマトって日持ちしないんですよね。中玉トマトを1日で4個消費する毎日が始まりました。

shutterstock_1176143044

そんなトマト生活を数日も送ると、なんだか肌の張りがよくなった気が。「これは効果あり!」と、私のトマト生活は加速…気がつけば、朝昼晩で合わせて67個食べるようになっていました。

そんな生活でひと月ほど過ごしたある日、急激な胃痛に見舞われたんです。それはもう我慢できないほどで、あまりの痛さに仕事をお休みするほど。しかも、体じゅうに謎の発疹が出ていて…これはまずいと思い病院へ。

驚いたことに、胃痛も発疹も「トマトの食べ過ぎが原因」との診断だったんです。抗酸化作用が高いトマトを食べすぎたせいで胃に穴が開きかけ、リコピンの摂りすぎによるアレルギー作用で発疹が出ているとのこと。何事もやりすぎはよくない、そう痛感しました。

痛みが増すばかりで歩行困難に(朋美さん/35/医療事務)

加齢が原因なのか、ときどき手脚の関節が痛むようになりました。そのことをママ友に相談すると、「ストレッチがいい」と勧められました。普段から運動なんてしないのですが「ストレッチくらいならできるかも」と思い、その日から実践してみることに。ネットでやり方を調べて寝る前にやってみると、翌日の体調がとてもよかったんです!

それ以来〝ストレッチオタク〟と化した私は、本やネットであらゆるストレッチを調べ上げ、費やす時間も最初は20分程度だったのが、気づけば2時間ほどになっていました。

そんなある日、朝起きると足首に違和感が起き上がると鈍い痛みがあります。「今日は足首を念入りに伸ばしてから寝よう」。そう思って出勤し、就寝前にも入念にストレッチをしてから寝ました。しかし翌日、痛みは足首どころかふくらはぎまで…しかも日に日に強くなり、普通に歩くのも困難になっていきました。

shutterstock_1176287539

さすがにまずいと思い病院へ行ってみると、原因は「過度なストレッチ」。筋肉や筋を伸ばしすぎることで負担がかかり、痛みが生じたというのです。健康のためにやったことで不健康になってしまうなんて…やりすぎることの怖さを知りました。

過剰摂取の結果が恐ろしすぎる(由紀さん/29/受付)

肌がとてもきれいなママ友に理由を聞くと、「毎日豆乳を飲んでいる」とのこと。帰りがけにネットで調べると、確かに豆乳に含まれる大豆イソフラボンには「美容効果だけでなく、発癌リスクを低下させる効果まである」とのこと。もともと豆乳が大好きな私は、その足で買って帰りました。

それからは、お茶や昼食後のコーヒーの代わりに豆乳をゴクゴク、一日の水分摂取はほぼ豆乳でまかなうまでに。最近はいろいろな豆乳製品が出ていて、続けることに苦労はしませんでした。肌つやも良くなった気がするし、化粧ノリもいい! 本当に始めてよかったと大満足。

shutterstock_290694875

でも、飲み始めてから3か月ほど経ったある日の仕事中、急にたちくらみで倒れてしまったんです。しばらく安静にしていたら治ったのですが、体調はすぐれないまま。それと、実はもうひとつ気になることがありました…しばらく前から生理が来ていないんです。妊娠に思い当たるフシはありませんし、間違いなく、体でなにかが起きている…と病院へ。

診断の結果は、貧血とホルモンバランスの乱れ。その原因はすべて「豆乳」でした。豆乳を過剰摂取すると、鉄分が吸収されにくくなり貧血を引き起こすのだとか。ホルモンバランスの乱れも過剰摂取によるものだそうです。しばらく豆乳をやめたところ、すべての症状が改善。やっぱり、やりすぎはよくないですね…。

薬にも「用量・用法」があるように、何事にも正しい方法があります。「健康法は用量・用法を守って正しくお励みください!」

shutterstock_76801864 (1)

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る