注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

子どもの「歯並び」歯列矯正したほうがいいケースと治療の進め方

美容

2018.11.28

いまの子どもたちは、昔の子どもに比べて手足が長く、スタイルがいいのが特徴。体格があきらかに欧米化し、顔も小さくなっています。

一見するとよいことに思えますが、じつはそうとも言いきれません。歯の大きさに対してあごが小さく、「歯並びの問題」を抱えた子が急増しています。ほうっておくと、虫歯になりやすく、また歯を抜かざるをえないこともあります。

shutterstock_1045399078

また、歯並びは全身の健康にも影響します。かみ合わせが悪いと、いつも口を開けた状態で呼吸をするようになり、呼吸機能や発音・発声にも悪影響。あごの形、鼻の形が崩れることもよくあります。

かむ力が足りないと脳の神経細胞の数が減ったり、唾液量の減少のせいで消化機能が低下するおそれも。見た目だけでなく、将来の健康のためにも、早めに治療しておきたいものです。 

1 / 6 ページ

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る