注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

妊娠中の便秘、出産時のいきみが原因に…産後に多い「痔」の正しい対処法

美容

2018.11.27

出血や痛みがあれば、すぐ医療機関へ!

 

産後の女性を診ている産婦人科医の八田真理子先生のお話では、

「実際に、出産を機に痔になってしまう女性は多く見られます。対処法は、痔核をつねに肛門内に押し戻しておくこと。排便後や入浴時などにおこなうとよいでしょう。そのままほうっておくと、もとに戻らなくなることもあります」

shutterstock_1207664905

ただし、痔のタイプがわからないまま、自己判断で対処するのは危険。市販薬などで対処しているうちに悪化し、治療が困難になることもあります。違和感が続き、出血や排便時の痛みがあれば、すぐに医療機関を受診しましょう。産後1か月程度なら、出産をした病院がいちばん相談しやすいかもしれません。初期であれば、軟膏や坐薬、便をやわらかくする薬などを使って治療します。

それでも症状が続く場合は、専門科での治療が必要。肛門外科や、直腸(排便にかかわる下側の腸)を専門とする消化器外科を受診してください。最近は女性専門の肛門科クリニックも増え、受診しやすい環境が整ってきました。ひとりで悩まず、専門医に診てもらうのがいちばん安心です。

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る