注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

美容の万能オイル「ギー」って何?その効能と作り方

美容

2019.01.16

116-1

海外のセレブや有名人を皮切りに、今では多くの女性たちを虜にしているギーオイル。メディアで取り上げられる機会も増えていますよね。

とはいえ具体的に、ギーオイルとはどのようなもので、どんなメリットを期待できるのか、詳しく知らない……なんて方も多いのではないでしょうか。

ギーオイルの特徴やその効果について、そして自宅でも簡単にギーオイルを作る方法を紹介していきます。

 

■インド発祥のギーオイル

116-2

ギーオイルは、インドで古くから使われてきたオイルです。インドと言えば、オイルを使ったアーユルヴェーダで有名ですが、このギーオイルも、アーユルヴェーダの世界と深く関わり合って、発展してきました。

ギーは、乳脂肪分から作られる純粋な油分で、食品として摂取されるほか、薬としても使われてきました。ビタミンAやビタミンEを多く含み、美容面でのメリットも高いことから、非常に人気が高まっています。

これまでは、女性の美容面を考えると、「油分はできるだけ控えた方が良い」という考え方が一般的でした。しかしギーオイルは、美容のためにもダイエットのためにも、「むしろ積極的に摂取した方が良い」と言われています。

上質なオイルであれば、ダイエットの敵になるどころか、体の内側からさまざまなサポートを行い、美と健康に役立つことが知られています。

 

■ギーオイルを摂取するメリット5つ

では具体的に、ギーオイルにはどのような効果が期待できるのでしょうか。さまざまなメリットがある中で、女性の生活と深く関連する項目を5つ紹介します。

★ダイエットに役立つ

まずはギーが持つ、ダイエット効果についてです。ギーに含まれる中鎖脂肪酸と短鎖脂肪酸、共役リノール酸は、体の中で脂肪になりにくい性質を持つことで知られています。

さらに共役リノール酸は、不飽和脂肪酸の一種で、体内に蓄積された脂肪を分解・燃焼する酵素の働きをサポートしています。オイルを摂取しながら、痩せやすい体へと近付けていくことができます。

★アンチエイジング効果を期待できる

ギーに多く含まれるビタミンAやビタミンE、そして共役リノール酸には、高い抗酸化作用があることでも知られています。

体内で起こる「酸化作用」は、老化に伴って増えてくるもの。体内の細胞が酸化によってサビつくことで、さまざまな不具合が起きてしまいます。

抗酸化作用を持つ栄養素を豊富に取り入れれば、体内の酸化スピードを遅らせることができると共に、体内の若返りにも役立ってくれます。

★生活習慣病の予防

ギーに含まれる中鎖脂肪酸には、善玉コレステロールの働きをサポートするという作用があります。これにより、体内の悪玉コレステロール増加を抑制し、減少させてくれる効果も期待できます。

年齢を重ねるにつれて、生活習慣病のリスクは高まりますが、ギーを上手に摂取することで、リスク低下につなげられるでしょう。

★保湿効果

ギーオイルは、「食べる」だけではなく「マッサージする」際に使うのもオススメです。高い保湿効果を持っていて、冬場の乾燥から皮膚を守ってくれるほか、唇や髪のケアにも使えます。

バターに近い柔らかな香りにリラックスしながら、体のメンテナンスができるでしょう。

★免疫機能の上昇

ギーには腸内環境を整える効果も期待でき、その結果、便秘予防や改善、そして免疫機能を上昇させることもできると言われています。

人間の免疫機能は、腸内環境と深く関わっていると言われています。まず腸から働きかけることで、女性のお悩みを改善できる可能性もあります。

 

■ギーオイルを手作りしよう! 具体的な作り方とは

女性の生活にとって、メリットいっぱいのギーオイル。もちろん店頭で購入することもできますが、実は自分で手作りすることも可能です。

美容のため、健康のため、こまめに摂取したいギーだからこそ、ぜひ手作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。以下の手順を参考にしてみてください。

1.無塩バター300グラムを鍋に入れ、火にかける
2.弱火でじっくりと溶かしていく
3.はじめは大きかった泡が小さくなり、アクのようなものが出てくるまで待つ
4.黄金色の液体になったら、火をとめる
5.キッチンペーパーを敷いたざるで、濾す

ギーを手作りする際に、特別な手間は必要ありません。基本は、無塩バターを温め、不純物を取り除くだけでOKです。火にかける過程においては、焦げないようにだけ、注意をしましょう。

焦げそうになってきたら、鍋を持ち上げたり、左右に揺らしてみたりと、工夫するのがオススメです。

不純物を取り除いたギーは、長期間保管しておくこともできます。この場合、あらかじめ煮沸消毒した容器を準備しておきましょう。

1日の摂取量の目安は、大さじ2杯程度までと言われています。パンにつけて食べたり、ドレッシングとして活用したり、自分にとって好みの食べ方を見つけてみてください。

 

■女性の美容と健康の味方! ギーを生活に取り入れてみよう

インドで古くから愛されてきたギーオイルは、女性の健康と美容の味方です。もちろん男性や子どもにとってもメリットの大きいオイルなので、家族みんなで継続摂取していくのも良いでしょう。

お店で購入するのも良いですが、ギーは意外と簡単に、自宅で手作りすることも可能。好きな分だけ作って、保存しておくこともできます。身体に良い食生活をスタートしたい!と思ったときには、ぜひギーオイルにも注目してみてくださいね。

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る