注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

誇大広告にご用心 美容アイテム購入時に注意したいポイント

美容

2018.12.08

115-1

美容系アイテムの購入を検討するときには、その宣伝内容やキャッチコピーに惹かれ、どれが良いか選んでいる!という女性の方も多いのではないでしょうか。

ウェブサイトで公開されている宣伝内容や、その性質を端的に示したキャッチコピーは、「自分の目的に合うアイテムを選びたい!」と思ったときの、ヒントになってくれますよね。

しかし近年、誇大広告によるトラブルも急増しています。賢い消費者であるために、美容アイテム購入時にはどのような点に注意するべきなのでしょうか。誇大広告に関する基礎知識と共に、賢い選び方について解説します。

 

■誇大広告問題は、決して他人事ではありません

115-2

インターネット上でさまざまなアイテム・情報がやり取りされるようになった今、より深刻化しているのが「誇大広告」に関するトラブルです。

あなたには、「ただ漠然と、自身のスタイルについてコンプレックスを抱えていたところ、ウェブ上で「絶対痩せる!」とうたう商品を見つけた。ちょっと高かったけれど、早速購入してみた!」なんて経験はありませんか?

女性の美容目的で販売される食品やサプリメントは数多くありますが、これらは医薬品でありません。「絶対に痩せる」などと言い切ることは不可能で、こちらが誇大広告に当たります。

誇大広告とは、事実に基づかない嘘の情報を伝えたり、事実を膨らませて誤認識させたりした上で、商品を販売するための宣伝を行う手法を言います。

実はこうした誇大広告は、私たちにとって非常に身近なもの。最近では、青汁業者に誇大広告に対して課徴金命令が下されたという事例があります。

普段身近に接している広告の中にも、誇大広告は決して少なくありません。美容関係アイテムは特に誇大広告数が多いという特徴があります。

化粧品や美容系アイテムを宣伝するときには、使える言葉や表現などに関して、細かなルールが設定されています。しかし実際には、こうしたルールが守られず、誇大広告になっているケースも少なくありません。

化粧品や美容系アイテムなどの場合、インターネット上で展開されている広告の85%に、基準に違反する恐れがあることがわかっています。

女性にとって欠かせないアイテムを、ネット上で注文する方にとっては、決して他人事ではない問題だと言えます。

 

■騙されないためのポイント1「誇大広告に当てはまる表現を知る」

こうした誇大広告に惑わされ、自分にとって不必要なアイテムを購入しないためには、「誇大広告を見極める」ためのスキルを身につける必要があります。

特に悪質な誇大広告の場合、一般の人から見ても「不自然なキーワード」が使われていますから、まずはこれらのワードを頭に入れておきましょう。

・絶対に効果アリ
・100%保証します
・即効で美ボディを手に入れられる!
・シワやシミが治る

たとえ医薬品であっても、「100%全ての人に効果が期待できる」という成分は存在しません。「絶対に」「100%効果あり」という文言は、消費者に過度な期待を抱かせるもの。誇大広告に当たります。

また即効性をうたう表現や、「気になる症状を治す」という表現にも問題があります。美容系アイテムに、即効で効果を実感できるような成分を配合することは、法律の関係でできなくなっています。「トラブルを治す」という表現についても、同様のことが言えます。

これらの表現を使っている広告は、誇大広告だと判断できます。盲目的に信じないよう、注意しましょう。

■騙されないためのポイント3「常に客観的な視点を忘れない」

誇大広告に惑わされ、トラブルになりやすいのは「これさえ使えば自分が抱える問題を、なんとかできるはず!」と盲目的に信じ込んでしまう方です。

冷静に考えれば「○○をするだけですぐに痩せる」「△△を使うだけで、ツルツルお肌に生まれ変われる」なんて上手い話がないことは、容易に想像できるはず。しかし、こうした冷静な判断力を奪うのも、誇大広告の目的だと言えます。

美容系アイテムを購入する際に、「いいな」と思える広告内容を見つけたときには、ぜひその「理由」についても注目してみてください。宣伝内容を、客観的に判断する工夫が必要となります。

何らかの効果をうたっているのであれば、その「根拠」についても注目し、リサーチしてみてください。またお試しセットなどが用意されている場合には、こうしたアイテムを上手に活用し、「自分の体質に合っているのかどうか」「自分の場合、本当に効果を実感できるのかどうか」を判断することが大切です。

 

■誇大広告を冷静に見極めて、賢い消費者になりましょう

インターネット上でさまざまなアイテムが取引される時代、私たち消費者は、「どのアイテムを購入するのか」という無限の選択肢を手に入れています。商品を売る側としては、「少しでも消費者の意識に訴えること」が必要とされ、それが誇大広告の増加につながっていると考えられています。

誇大広告を鵜呑みにしても、宣伝されているような内容を実感することはできません。「思っていたのと違った」と、購入後に後悔してしまうケースも多いことでしょう。

まずは誇大広告の特徴を知り、自分自身の力でそれを見分けられるようになりましょう。そして販売サイトで提供されている情報のみを信じるのではなく、「なぜこのような効果が宣伝されているのか」という点にまで踏み込んで、比較検討することで、より満足度の高い買い物ができるはずです。

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る