注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

新事実!朝食を抜くと太るメカニズム…原因は体内時計だった

美容

2018.11.25

20181121_breakfast_011日を元気よく過ごすためには、“朝食の摂取”が必要不可欠。しかし朝はバタバタしがちなので、つい食事を抜いてしまう人も多いようです。そこで今回は、“朝食を抜く”と招くデメリットについてチェックしていきましょう。

 

朝食を抜くと代謝機能が低下!?


今月放送された『とくダネ!』(フジテレビ系)では、“朝食を抜くと太るメカニズム”を紹介しました。仕組みを公開する前に同番組は、街の“朝ごはんを抜く”人たちにインタビューを実施。“食べない派”の人たちに理由を尋ねてみると、「時間がない」「ギリギリまで寝ていたいから」「痩せるから」という返答が。そこで番組スタッフが「朝ごはんを食べないと太るようですが」と伝えると、「えー!」と声を上げて驚いていました。

 

朝食を食べないと太る理由は、名古屋大学の小田准教授らの研究によって判明。朝食を抜くことで“エネルギー消費量”が減少し、“代謝”も低下することが明らかになりました。“朝食抜き”が習慣化すれば太ってしまう恐れがあるので、“食べない派”の人たちは注意しましょう。

 

リアルタイムで同番組を見ていた人からは、「単純に食べる量が減るから痩せると思ってた! 人間の体って不思議だな~」「お腹空いても我慢して食べないようにしてたのに…。これから毎日朝ごはん食べます」「絶対太りたくないから寝坊しても必ず食べてみせる」といった反響が上がっていました。

 

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る