注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

島根県は美肌偏差値78.64!?美肌県ランキングトップの秘密に迫る

美容

2018.12.09

20181120_womansshoulder_01“化粧がうまい人”“仕草がかわいい人”など、異性に好印象を与えるポイントはたくさん。中でも、“素肌がきれいな人”は意外と好感度が高い傾向にあるようです。そこで今回は、47都道府県のなかでどこが一番“美肌”の女性が多いのか探っていきましょう。

 

ニッポン美肌県グランプリ2018ってなに?


先日、化粧品メーカーの「ポーラ」が「ニッポン美肌県グランプリ」の2018年版を発表。首位には島根県がランクインし、秋田県と石川県が後を追う結果になりました。

 

「ポーラ」は2012年から継続的に「ニッポン美肌県グランプリ」を実施しています。まず、風土や気候によって異なる“環境要因”を分析。「水蒸気密度」「日照時間」「生活習慣」など、“美肌を決める7大要因”をジャッジして順位づけしているよう。さらに「潤い」「マイクロダスト」「ニキビ」「シミ」「くすみ」「シワ」「毛穴」「キメ」の8項目を細かく分析。47都道府県の肌質を総合的に評価して、「美肌県グランプリ」を発表しています。

 

首位の島根県に驚きの声!


美肌県第1位に輝いた島根県は、「潤い」「マイクロダスト」「ニキビ」の3分野で堂々の1位を獲得。美肌を決める7大要因でも、“肌荒風や毛穴熱風などの影響を受けない”と分析されていました。受賞要因のコメントには“他の地域と比べて、美肌を保ちやすい気象条件”“肌のうるおいとバリア機能の高さはダントツ”“美肌偏差値78.64”と記述されており、文句なしのトップを飾っています。

 

また「秋田美人」というワードでお馴染みの秋田県は、「シミのできにくさ」で1位に。日照時間が短く、紫外線からの影響を受けにくいことが上位に食いこんだ要因でした。

 

この結果に世の女性たちからは、「島根県に行けば自然と美肌になれるのかな!? ぜひとも引っ越したいところだね」「博多美人、新潟美人、京都美人っていう言葉通り、上位にランクインしてて納得」「確かに島根出身の子は、かなり透き通った肌質してるイメージかも!」「島根県の美肌偏差値“78.64”に驚いた… 大学でいえば超難関じゃん!」「東京が12位にランクインしてるのは、“大学上京組”のおかげかな?」などのコメントが相次いでいます。またいっぽうで、「鳥取県と島根県は隣同士なのに、なんで鳥取は43位なの!?」というツッコミの声も上がっていました。

 

秋冬の美肌対策はコレ!


これからの季節は乾燥やかゆみなど、肌トラブルが起きやすい気候。普段からしているスキンケアに加えて、対策を準備している人も多いのではないでしょうか。

 

以前「マイボイスコム株式会社」が行った「肌の乾燥対策に関するアンケート調査」では、「肌の乾燥対策で実施していること」を質問。1位には「スキンケア用品の使用(73.9%)」がランクインしています。次いで「肌の乾燥に効果のある化粧品の使用(19.6%)」、「水分をとる(17.7%)」が上がっていました。普段行っている乾燥対策には、「ハンドクリーム」「化粧水・ローション」「リップクリーム」などのケア用品が上位に浮上。3つのケア用品は、4割以上の人が使っていると回答しています。

 

また「肌の乾燥を感じる部位」を調査すると、34.4%の女性が「くちびる」と回答。僅差で「口まわり(31.9%)」「手(31.5%)」「かかと(28.0%)」と続きました。

 

女性にとって肌の乾燥は大敵。美肌を保つためには、冬こそ対策を心がけることが大切みたいですね。

 

文/牧野聡子

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る