注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「太っている人は舌がおかしい!?」舌で痩せる画期的な方法

美容

2018.11.06

20181105_tongue_01世の中には様々なダイエット法が存在しますが、成功するまでには過酷な道のりが待っているもの。きっと誰もが「苦労せずに痩せられたら…」という願望を持っているでしょう。そこで今回は、面倒な作業を必要とせず、簡単に継続していける方法を紹介します。

 

味覚を変えて食生活から改善していく?


今年の10月に放送された『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)には、東京大学を卒業した予防医学研究者・石川善樹さんが登場。ダイエットの成功率を上げる“舌のトレーニング”を教えてくれました。

 

はじめに石川さんは、「太っている人は『舌がおかしい』からいつまでも太っている」と厳しい発言。またダイエットに成功してもあっという間にリバウンドする人は、舌が変わっていないのが原因だといいます。そのため痩せるには、舌をトレーニングして“味覚”を変えてしまうのがおすすめ。

 

もしも味覚を変えることができれば、食生活自体も変化します。簡単に食べ過ぎを防げるので、近頃は舌の持つダイエットの可能性が大きな話題に。2~3kgのダイエットに成功したという経験談も続出していますよ。

 

効果を実感する人続出! 画期的な舌トレーニングの方法!


舌トレーニングで重要なのは、「食べる順番」です。例えば白米、焼き魚、みそ汁、煮物、漬物といった一般的な定食を食べる時、一番最後に食べるのはみそ汁。みそ汁に含まれる“旨味”は脳に高い満足度を与え、長い時間持続します。最後にみそ汁を食べ続ければ、自然と摂取カロリーや食事量も抑えられるようになっていくはず。

 

一方でアイスやケーキのような甘いものは瞬間的な満足感しか得られません。長くは持続しないので、食べ過ぎの原因につながります。また食事の時にはお茶を飲むのも効果的。旨味成分の多い緑茶や昆布茶を飲むことで、食べ過ぎを防止してくれますよ。

 

番組を見ていた視聴者からは、「舌回しとかのダイエット法かなと思って見てみたら、まさか味覚を改善する方法だったとは… 非常に科学的で興味を惹かれたわ」「スゴく簡単な方法で驚いた! これなら絶対に続けられる」「食生活から変えていくというのは良い着眼点。今度から食事中の飲み物は緑茶一択ですね」「“痩せ続けられる”というのがポイント高い。早速舌トレーニングを試してみよう!」と反響の声が相次いでいました。

 

舌磨きで味覚を鋭くしよう!


舌とダイエットの関係については、以前放送された『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)でも特集。番組に登場した減量外来ドクター・工藤孝文先生は、明日から簡単にできる“痩せグセダイエット”を提案していました。

 

痩せグセダイエットの方法は、朝起きた時に“舌磨き”をすること。実は舌が汚れていると味覚が鈍り、濃い味や塩辛い味など高カロリーな食事をとってしまう原因に。舌をキレイにすれば味覚が鋭くなるので、低カロリーかつ少量の食事でもしっかり満足できるようになります。

 

ちなみに磨く時は舌磨き用のブラシを使い、奥から前へ2回程度優しくこするだけ。工藤先生によれば、1日1回朝起きた直後に行うのが最も効果的なんだとか。また舌磨きをしながら背筋をピンと伸ばすと、ダイエット効果がより高まります。舌の粘膜が傷つかないよう、正しいブラッシング方法を守って磨きすぎには注意しましょう。

 

味覚を変えて食生活から変えていくダイエット法はとても斬新。興味のある人はぜひ試してみてくださいね。

 

文/長谷部ひとみ

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る