コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

コレは使える! 先輩ママたちが教える「朝二度寝しないための対策」

美容

2018.09.26

寝坊した! という原因の約7割は二度寝にあるそうです。朝どうやっても起きられない、朝は苦手というのは単に思い込みかもしれませんよ。今回は、先輩ママたちが朝に二度寝しないためにとった対策をご紹介します

目覚ましを止めるマラソンを毎日開催する(奈緒子さん / 32 / 運送業)

shutterstock_1041326497

学生時代から朝寝坊の常習犯でした。遅刻は日常茶飯事、ひどいときは昼まで寝ることもしばしばでした。さすがに社会人になって朝寝坊が頻発しているのは、さすがにマズいと思い、自分なりにいろいろと二度寝対策をとってきました。

私が一番効果的だと思うのは、目覚ましを止めるマラソン。枕元から洗面台まで複数の目覚ましをしかけるのです。まず最初は、少し動かないと手が届かない場所にある携帯のアラームが鳴り、そこからまた動かないと止められない目覚まし、そこからまた動かないと止められない…と洗面所まで目覚ましを転々と置いていました。最後は洗面所になので、そのまま洗顔して目を覚ます、という算段ですね。

この対策をとるために気をつけたのは、はって手が届くところに目覚まし時計を置かないこと。子どもが産まれるまでは床に置いていましたが、子どもが動き始めると勝手に時間を変えられていたり、アラームのセットを切られていたりしたので、私が少し背伸びしないと届かない場所だったり、少し隠した場所に置いたりするように工夫をしました。

いまだにこの方法で二度寝せずに起きられているので、私には合った対策だと思います。

あえて1回しかアラームをセットしない(美里さん / 43 / 事務職)

shutterstock_732570880

もともと、朝には強いタイプだと思っていました。何時に寝ても同じ時間に起きられていたのですが、歳のせいなのか、ここ数年はスッキリと起きられない日が続いていました。携帯アラームのスヌーズ機能を使ったり、いくつもアラームをセットしたりしていましたが、それだと私は余計に二度寝してしまうんです。

「どうせまたアラームが鳴るから…」と油断してしまうんでしょうね。なので、いまはあえて1回しかアラームを鳴らさないように設定しています。その目覚ましで私が起きられなかったら、家族全員が寝坊、全員が遅刻、朝ごはんもお弁当も何もできない…というプレッシャーを自分に与えることにしたんです。

枕元に目覚ましを置いておくと寝ぼけて無意識で止めてしまうこともあったので、足元のちょっと離れたところに目覚ましを置くようにしています。足を伸ばしても届かない場所ですね。

また、横には主人が寝ているのでどうやっても体勢を変えないと止められない、起き上がらないと手が届かない…という絶妙なところを目覚ましの指定席にしました(笑)。これがなんと大正解! 昔のように二度寝をほとんどせず起きられるようになって助かりました。

枕を自分に合ったものに。そして一番窓際で寝る(貴子さん / 36歳 / 営業職)

shutterstock_316781753

睡眠の質を変えるならまず寝具から! と、ありきたりですが枕を変えることにしました。すると、すごくよく眠れるようになったんです。でも寝転がっているのが気持ちよすぎて、二度寝してしまう…ということも増えました。

わが家はまだ子どもも小さく、みんなで雑魚寝をしています。大音量の目覚ましやスヌーズ機能は、あんまり使えません。旦那が起きるぶんにはかまわないんですが、子どもたちまで早すぎる時間に起きると、どうも昼寝の時間まで体力が持たないようで…。

なので人間の習性を利用しよう! と窓際で寝ることにしました。朝目覚ましが鳴ったら、カーテンを少しだけ開けて日光を浴びるようにしたのです。

夏の日が昇るのが早い時期は、カーテンの向こう側に上半身を出して日光を浴びていましたね。また、窓際で寝るということは、ドアから一番遠いところに寝る、ということでもあります。洗顔しに行くためにはみんなが寝ているところを気をつけて通らないといけない、という緊張感が良かったのかもしれません。

子どもの寝相が悪すぎるため、ぼーっと通ろうとすると、思いもよらぬところに子どもが寝ていて踏みそうになることも。スッキリ目覚めていなくても、気をつけて部屋から出なきゃ…と思うだけでだんだん脳が起きてくるのがわかります。

二度寝の対策は人それぞれ。睡眠時間をきっちり確保していても起きられないときもあります。二度寝しない! という強い意志を持って眠りにつくのもひとつの手かもしれません。先輩ママたちが教えてくれた対策は、いますぐ実行できるものもあります。あなたに合った二度寝対策が見つかりますように!

shutterstock_153961985

ライター:武田 みゆき

女の子と双子の男の子、三人の育児に励むシングルマザー。旦那を見切って、保険のお仕事と、医療・美容コラムのライターのお仕事を兼業中。毎日、一進一退中!? 働くママ、がんばります!

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る