注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

家族の為の夏バテ対策!健康管理に今すぐできること

美容

2018.08.10

毎日ムシムシと暑いですね。

保育園児以外は夏休み・・・ママにとってクタクタになる日々を辛抱する時期ですよね〜!

 

暑い日が続くと、ダルくなったり食欲がなくなったり、夏バテを起こしやすくなります。

それによって子供がグズグズしたり、免疫力が弱まって夏風邪をひいてしまったりすると、その尻拭いをしなくてはならないのは私たち。

ただでさえ大変な夏休みなので、これ以上の負担やイライラ要素が増えるのは勘弁〜ではないでしょうか。旅行など予定もあるので、その直前に具合が悪くなってキャンセル・・・なんて事態は避けたいですよね。

 

結局は自分の為かもしれませんが(笑)、家族の為の夏バテ対策。

家族の夏の健康管理で私が心がけていることをご紹介します。

 

もちろん!母たちも気をつけましょうね!!

私たちが夏バテして具合が悪くなったら、家庭が回らなくなってしまいます。

 

夏バテの原因


正しい対策をする為には原因を突き止めなければ!

色々と調べてみたと同時に毎年の自分の体感から、夏バテの原因はズバリ!内蔵が冷えてしまっているから。

 

内蔵が冷えると自律神経のバランスも乱れ、なかなか夜寝付けず睡眠不足に繋がる可能性も。すると夏バテ症状との悪循環を引き起こしてしまいます。

内蔵が冷えている状態が続くと低体温となって、夏が終わっても様々な不調を引き起こしてしまうので注意が必要です。

 

私たち成人女性にとっては、内蔵の冷えは肩こりやPMSや生理不順などホルモンバランスを乱してしまいます!

夏バテ予防の為にしていること


①冷たいものを摂りすぎない

3-1

アイス、かき氷、冷たいそうめん・・・子供は特に、暑いと冷たい食べ物ばかり欲しがりますよね。

当たり前ですが、これらのものがお腹に入ると、身体を冷やしてしまいます。

実際に、キンキンに冷えた飲み物ばかりを飲んで毎日アイスを食べていた私の妹が昔、毎年夏バテしていたことをよく覚えています。

アイスやかき氷は頻繁に食べ過ぎないように、1回に大量に食べ過ぎないように。冷たい麺類にはせめて氷を添えないように。すいかや麦茶は摂る前に冷蔵庫から出しておいて少し常温で戻すように。

我が家では、例えばこのような心がけをしています。

 

②クーラーで冷やしすぎない

3-2

クーラー、すごく大きな夏バテの原因ではないかと思います。

(イメージですが・・・)クーラーがなかった昔は、暑さの中ですいかやきゅうりなど身体をクールダウンさせてくれる食べものを食べることで、身体を暑さに調和できるようにしていたと思うのですが、今はクーラーによって空気を加工していますよね。

クーラーガンガンにかかっている公共の場に行くと、お腹が冷えることを感じます…。

番外編:身体を冷やさないようにする為に、ノーパン生活始めました

3-3

(※新品の時に撮っておいたので、ご安心ください。笑)

 

「ゴムの締め付けが身体を冷やしている」と仕事で知る機会がありました。

衝撃でした!!

新品のパンツをストックで買っていたり、ウエストがゴムになっているお気に入りの洋服もあったりしましたが、知ってしまったからにはゴムが入ったものを着ることをやめました!

そしてノーパン生活を始めました!笑

抵抗あったけれど、いざやってみると気持ちよいです♪

昼間、特にスカートを履いているときはさすがにノーパンではいられないので、「空気パンツ」というウエストが紐になっているものを履くように変えました。

 

こちらのサイトに、「ゴムの締め付け」と「冷え」の関係が詳しく書かれていてすごくタメになったので、リンクを貼っておきますね。

空気パンツ:http://ku-kipants.com/

 

冷え対策の鉄板である腹巻きも、身体を締め付けるので、ちっとも身体を温めていないようです!

ノーパン&空気パンツライフ、さすがに子供には難しいので、ひとまず自分自身で実践しています。

 

笑顔で元気に夏を過ごしましょうね♪


その他、シャワーで済ませずに湯船につかることなども大切ですよね。

楽しい予定もたっぷりとある夏休みかと思うので、夏バテに苦しむことなく元気に過ごし、素敵な思い出をたくさん作れるようにしましょう!

 

CHANTOママライター/佐野亜衣子

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る