注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

〝夏の冷え〟に効く!! 働くママがやってる冷え性改善テク

美容

2018.07.26

この夏は記録的な猛暑! でも職場や電車に一歩入ると、寒いくらいに冷房が効いている。家でも一晩じゅう冷房が欠かせない…そんな生活が続くと、体調も崩れがちですよね。

特に女性は、夏でも「冷えトラブル」に見舞われがち。冷え性を克服したママたちに改善策を聞きました。

自分が口にするものの栄養素や効能を知ろう!(誠子さん/39/介護職員)

私は昔から夏の暑さが苦手で、冷たい物ばかり食べて過ごしていました。そしてある年の夏、身体のだるさや手足の冷たさが尋常じゃないのに気づきました。

気になって病院に行くと、まさかの「冷え性体質」診断が! 飲み水は常温、食事には必ず温かいスープを摂るように指導されました。文句を言いながら実践していましたが、さすがお医者さん! 半月程度で症状は改善されて食事制限も無くなったんです。

shutterstock_1136956325

でも、早く回復したのには私の努力も実ったよう! 実はひそかに「スープにしょうがを入れる」、「水分はとりすぎない」の二つを実践していたんです。

しょうがは「身体を温める」と聞いて取り入れました。ちなみに、しょうがは生だとは体を冷やしてしまうって、知ってました? 身体を温めたいなら加熱して食べると良いそうです。

また水分についてですが、摂りすぎると体内の水分量が増えて、逆に体を冷やしてしまうので要注意!なのだそう。この経験によって、ちょっと健康オタクになりました(笑)。でも、自分が口にするものの栄養素や効能を知っておくのは、大切なことですよね。

手足の冷えには〝ゆっくりストレッチ〟が効果大(早紀さん/32/在宅ワーク)

「夏は冷房の効いた部屋で毛布にくるまるのが最高に好き!」だった私。仕事柄、冷房の効いた部屋に入り浸りがちな状態が続いていたんです。そのうちに冷房の効いた部屋に長時間いると、夏でも手足が冷たくなり、ひどいときにはむくみやしびれを感じたりするようになたんです。

調べた結果、「原因は血流の悪さ。血液循環をよくすれば症状は改善する」ということで、あれこれ実践してみたんです。

shutterstock_1065216773

とにかく身体を動かすのが必須で、「手っ取り早いのは20分以上のウォーキング」とのことですが、めんどうなのでストレッチや軽い体操をするようにしました。

ラジオ体操やスポーツをする前の準備体操のような動きなどを、じっくり時間をかけて行うと効果絶大! 体中ポカポカ、血行促進を実感できます。一日のなかで血行が良い状態を長く保てば、自然と身体の冷えは改善するとのことで、私自身が確かな効果を実感しています。いまでは周りにもおすすめしていますよ!

はおりもの必携&ぬるめのお風呂に限る!!(彩奈さん/28/事務員)

冷え性対策で食事や運動の話をよく聞くのですが、めんどくさがりの私には無理…そこで、薄手のカーディガンやストールを持ち歩くようにして、寒いと思ったらすぐに着るようにしました。夏場の屋内はどこも冷房ガンガン。あまり動かない状態が続くと身体の芯まで冷えてしまうので、はおりものは寒さ対策の必需品。思いのほか重宝しました。

shutterstock_559417741

そして、帰宅してから3839度くらいのぬるめのお湯に20分程、ゆっくり浸かります。入浴時におすすめなのが「バスソルト」。最近では種類がたくさんあるので、いろいろ買っておいてその日の気分に合わせて使うと気分も上がります! 

5歳の娘もこのくらいの温度なら長く入ってものぼせず、よく親子でリラックスしながらゆっくり過ごしています。美容によいのはもちろんのこと、血行も、ついでに肩こりも改善して健康にいいようです。

こんなに暑いと、ついつい涼しい場所や冷たい食べ物を求めてしまいがち。でも、身体は寒いと悲鳴をあげているかも…!? 「ほどほど」を心がけるだけでも十分な健康管理になるので、まずはそこから始めてみてはいかがでしょう。

shutterstock_1035118795

ライター:山下 朝起
嫁と娘に、我が家を占領されつつある、零細企業の営業マンライター。最近、嫁の離乳食熱がすごく、娘の食費のほうが高い! と気付いてしまいました(笑)。溺愛する娘のパパ見知り開始に怯えながら、毎日を懸命に生きてます。

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る