注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

体からアンモニア臭が! 40代女性は“疲労臭”にご注意を

美容

2018.05.23

20180523hirousyuu01加齢臭や汗の臭いなど、体臭と聞いてイメージする臭いは人それぞれ。そんな中、最近では体が疲れることで引き起こされる「疲労臭」が話題を呼んでいます。一体どんな仕組みで発生する臭いなのか、対策方法と合わせて見ていきましょう。

 

40代後半以降の女性は要注意!?


58日放送の『ビビット』(TBS系)では、今の季節に気をつけたい「疲労臭」についてとりあげられました。「クリニックシュアー銀座」院長の飛田砂織先生によると、疲労臭とは名前の通り“疲れ”によって生じる体の臭い。肝臓が疲労すると体内のアンモニアが増加し、汗として排出されます。すると鼻をつくような、ツンとした臭いが生まれることに。

 

とくに疲労臭が悪化しがちなのが、40代後半以降の女性。更年期障害によってドッと汗をかくほか、便秘によって体内のアンモニアがふえるためです。そのほか具体的な要因としては不規則な生活や多量の飲酒、働きすぎなどが挙げられていました。

 

そもそも一般的な体臭は、汗や皮脂が皮膚の雑菌と混ざることによって発生します。それに対して疲労臭は体の中から出る臭いなので、軽減するには体内環境を改善しなくてはいけません。

 

そこで番組では、疲労臭に効果的な食材ベスト3も紹介。まず3位は、おみそ汁の具としておなじみの「しじみ」です。肝臓に作用するオルニチンを豊富に含んでいて、臭いの元となるアンモニアを減らす効果を期待できます。ちなみに食べ方としては新聞紙に包んだうえ、前日にゆっくり冷凍しておくのがおすすめ。冷凍することによって、オルニチンの量が最大8倍になったという研究データもあるそうです。

 

2位は「納豆」で、更年期特有の“汗”に効果的。女性ホルモンの類似物質であるイソフラボンを含んでいるため、ホルモンバランスを補正して汗の臭いを改善できます。

 

そして1位は、トップクラスのクエン酸含有量を誇る「梅ぼし」。疲労臭の原因であるアンモニアの分解だけでなく、臭い成分の一つである乳酸も分解してくれるすぐれものです。

 

疲労臭について明かされた番組に、視聴者からは「疲れると体から疲労臭がするって聞いてゾッとした」「納豆と梅ぼし大好きだし、臭い対策でもっと食べるようにしようかな…」と反響が上がっていました。

 

疲労臭と通常の体臭との違い


昨年7月に放送された『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)では、アンモニアを含んだ汗の意外な特徴も紹介。夏場などに汗をかいたとき、デオドラント効果のある制汗剤を使う人は多いですよね。ですがほとんどの制汗剤は繁殖した菌を殺菌し、臭いを抑えるしくみになっています。そのためアンモニアを含んだ疲労臭には、制汗剤の効き目が薄いとのこと。疲労評論家の梶本修身さんは「制汗剤をつけてもなにか臭うときは、過労してるんじゃないかと疑うべき」と説明していました。

 

疲労臭を防ぐには、疲れを溜めないことが大切。睡眠をしっかりとったりお風呂にゆっくり浸るなどして、自分を労わってあげてくださいね。

 

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る