コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

感情をコントロールするためには“セロトニン”が大切!? 子どもの“反抗期”と上手に向き合う方法

美容

2018.05.15

img01 (1)

“反抗期”は、子どもが親から自立していくために必要なステップ。しかし、あまりにも言動がエスカレートすると大変ですよね。一体どうすれば、子どもの怒りやイライラが収まるのでしょうか。

 

反抗期は脳とも関係してる!?


4月18日放送の『あさイチ』(NHK)では、“反抗期と脳の関係”について特集。番組には文教大学教育学部教授・成田奈緒子先生が登場し、詳しく解説してくれることになりました。

 

反抗期と大きく関係するのが“性ホルモン”。思春期に性ホルモンがたくさん作られると、海馬のすぐ上にある扁桃体が刺激されます。扁桃体は感情をつかさどっており、性ホルモンが増えると感情の大爆発が発生。反抗期特有の怒りやイライラが起こってしまいます。反抗期は、子ども自身もよくわからない感情の起伏に襲われてコントロールできなくなっている状態。上手く感情をコントロールして、怒りやイライラと向き合うことが大切です。感情のコントロールにとても重要なのが“セロトニン”。神経の伝達物質のひとつで、不安になったりイライラしてもそれを抑えてくれる働きがあります。そこで成田先生は、セロトニンを増やす方法を教えてくれることに。

 

まず取り上げたのは“朝日を浴びる”こと。朝日をたっぷり浴びるだけで、脳内のセロトニンの量が3倍もアップします。続いては“セロトニンがアップする食生活”。セロトニンはタンパク質からできており、ビタミンやミネラルを必要とするので、バランスの取れた食生活が大切です。さらに番組では、“夜たっぷり寝る”、“リズミカルな運動”などを紹介。個人差はあるものの3か月程度で効果が現れるので、子どもの反抗期でお悩みの人はぜひ試してみてくださいね。

 

ネット上では「わが家でも早寝早起き徹底しよう」「運動したいって言ってたからジム通わせてあげようかな」といった声が。子どもも自分も快適に過ごせるように、さまざまな対策を施しましょう。


先輩ママはどうやって反抗期と向き合ったの?


反抗期は多くの子どもが通るもの。自分自身が経験したことのあるママさんも多いようで、SNSなどでは「自分も親が嫌で嫌で仕方なかった時期があるから仕方ない」「大学生くらいになったら自然と落ち着いたよ」との声が。

 

ほかにも「自分の反抗期を思い出せば、子どもの反抗期が酷くてもそんなに思い悩まなくなる」「反抗期があったおかげで自立できたと思うから、子どもの反抗期をじっと見守るのも親の役目」といったアドバイスも上がっているので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

また、子育てを終えたママさんからは「今は子どもが独立して1年に数回しか会えないから、反抗期で大変だったころが懐かしい…」との声も。“反抗してくれるのも今のうち”くらいに構えておくと、反抗期の子どもとも上手に向き合えるかもしれませんよ。

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る